FXにおける4時間足の活用法:エントリーポイントや注意点、負けないコツを解説

本コンテンツ内で紹介するサービスには広告が含まれている場合がございます。

4時間足とは何か?

FXトレーディングには多くの戦略とテクニックが存在しますが、特に注目すべきなのが「時間足」の選択です。

4時間足とは、一つのローソク足が4時間分の価格データを表現するチャートです。

この記事では、4時間足がなぜ多くのトレーダーに愛用されるのか、その特性と有用性について詳しく解説します。

4時間足の基本概念

4時間足は、具体的には一つのローソク足が4時間分の価格データ(オープン、ハイ、ロー、クローズ)を示します。

これは日足(1日分のデータ)や1時間足(1時間分のデータ)とは異なり、中長期と短期のバランスが取りやすい時間足とされています。

4時間足を使うことで、短期的なノイズに翻弄されず、かつ長期的なトレンドを逃さない、といったメリットがあります。

4時間足の特性と利点

4時間足の最も大きな特性はその「バランス感」です。

1時間足や15分足などの短期的な時間足では、市場のノイズに影響を受けやすく、反対に日足や週足では大きなトレンドしか捉えられません。

4時間足は、これらの短期と長期の中間に位置するため、多くのトレーダーが使っています。

この時間足を使うことで、日中に何度もチャートを確認する必要がなく、生活にもなじみやすいと言えます。

4時間足の落とし穴と注意点

しかし、4時間足にも注意が必要です。

特に、この時間足はトレンドが確立している場合には非常に有用ですが、レンジ相場では注意が必要です。

レンジ相場においては、4時間足で形成されるパターンやシグナルが信頼性を欠く場合があります。

また、4時間足を使う場合は、他の時間足との相関性を確認するなど、複数のアングルから分析することが推奨されます。

FXトレーディングにおいて、どの時間足を選択するかは非常に重要な判断の一つです。

4時間足はそのバランス感から多くのトレーダーに選ばれていますが、一概に優れているわけではありません。

この記事を通じて、4時間足の特性とその活用法、そして注意点について理解を深めていただければと思います。

▼4時間足についてもっと詳しく知りたい方はこちら
4時間足の見方、分析方法の解説!チャートの見方やエントリーポイントなどを紹介

4時間足の基本的な解釈:オープン、ハイ、ロー、クローズ

FXトレーディングにおいて、4時間足は多くのトレーダーにとって非常に人気のある時間枠です。

その背景には、4時間足が提供するバランス感と解釈のしやすさがあります。

本記事では、4時間足の基本的な解釈に焦点を当て、オープン、ハイ、ロー、クローズといった基本的な要素について詳しく解説します。

4時間足とオープン(始値)

4時間足のオープン、つまり始値は、その4時間足が形成される最初の価格です。

この価格は、前の4時間足のクローズ(終値)から直接引き継がれる場合が多く、新たな4時間足がスタートする基準点となります。

オープン価格を理解することで、その後の価格の動きが強気か弱気かを判断する初期段階の手がかりとなります。

4時間足とハイ(高値)・ロー(安値)

4時間足におけるハイ(高値)とロー(安値)は、その4時間足が形成される期間中に記録された最高価格と最低価格を指します。

これらの価格は、その時間足における価格のレンジを示し、トレーダーがエントリーやエグジットのポイントを決める際の重要な要素となります。

特に、ハイやローが前の4時間足のハイやローを超えた場合、トレンドの方向性が強まる可能性が高くなります。

4時間足とクローズ(終値)

クローズ、または終値は、4時間足が形成される最後の価格です。

この価格は、次の4時間足のオープン(始値)となることが多く、一つの時間足がどのように終わったかを示す重要な指標となります。

クローズがハイ(高値)に近い場合、その時間足での市場のセンチメントは強気であると言えます。

逆に、クローズがロー(安値)に近い場合、弱気であると判断されます。

オープン、ハイ、ロー、クローズは、4時間足を解釈する際の基本的な要素であり、これらを理解することで市場の動きをより深く把握することができます。

本記事を通じて、これらの基本的な要点についての理解を深め、4時間足を活用する上での知識を増やしていただければと思います。

FXトレードに興味がある方はこちら! 『松井証券FX』がお勧めできる理由!
・100円から取引可能
・業界最狭水準スプレッド 0.2銭
・初心者も始めやすい自動売買

4時間足のメリット:なぜ多くのトレーダーがこの時間足を使用するのか

FXトレーディングにおける時間足の選び方は、成功へのカギを握る重要な要素です。

中でも、4時間足は初心者からプロフェッショナルまで多くのトレーダーに愛用されています。

この記事では、4時間足がなぜこれほどまでに多くのトレーダーから支持されるのか、そのメリットに焦点を当てて解説します。

4時間足のバランス性:短期と長期の中間地点

4時間足の一番のメリットは、その「バランス性」です。

日足や週足といった長期的な時間足ではトレンドが確認しやすいものの、リアルタイムの動きをキャッチするのは難しいです。

一方で、5分足や15分足などの短期的な時間足は、瞬間的な動きは捉えやすいものの、ノイズが多くトレンドが見えにくい場合があります。

4時間足はこれらの中間地点に位置し、トレンドとリアルタイムの動きの両方をバランスよく捉えることができます。

サーバー負荷と精神負荷の軽減

4時間足を使用することで、サーバー負荷と精神負荷が軽減されるというメリットもあります。

短期的な時間足では、頻繁にチャートを監視し、高頻度での取引が必要となるため、サーバーへの負荷が高くなりがちです。

また、高頻度での取引は精神的にも疲れる作業であり、リスク管理が難しくなることもあります。

4時間足では、これらの負荷が軽減され、より計画的なトレーディングが可能です。

スワップポイントとの相性

4時間足トレーディングは、スワップポイント(持ち越し利息)との相性も良いです。

短期的な取引ではスワップポイントを考慮する必要はほとんどありませんが、長期的な取引ではこの利息が無視できない要素となります。

4時間足を使用することで、スワップポイントを有効に活用しながら、リアルタイムでの市場分析も行えます。

このような相性の良さも、4時間足が多くのトレーダーに支持される理由の一つです。

4時間足が持つバランス性、負荷の軽減、スワップポイントとの相性など、多くのメリットが詰まっています。

この時間足をうまく活用することで、トレーディングの成功確率を高めることが可能です。

▼FXスワップポイントについてもっと詳しく知りたい方はこちら
FXスワップポイントの基本:金利差から生まれる日々の利益とおすすめの通貨ペア
FX初心者のための金利ガイド!スワップポイントの仕組みとは?

テクニカル分析と4時間足:主要な指標とその適用法

FXトレーディングの世界では、テクニカル分析が不可欠なツールとして多くのトレーダーに使用されています。

その中で、4時間足を用いたテクニカル分析は、中長期のトレンドと短期の動きを的確に捉える上で非常に効果的です。

今回は、4時間足に最適なテクニカル指標とその適用法を解説していきます。

移動平均線:トレンドの方向性を掴む

移動平均線は、過去の価格を一定期間で平均化したものであり、トレンドの方向性を示す基本的な指標です。

4時間足においては、50期間や100期間の移動平均線がよく使われます。

これらの線が上向きであれば上昇トレンド、下向きであれば下降トレンドと判断します。

また、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上抜ける「ゴールデンクロス」、下抜ける「デッドクロス」も、エントリーのサインとして活用されます。

▼移動平均線についてもっと詳しく知りたい方はこちら
チャート分析上達!FXで使うべき移動平均線の最適な設定方法
【入門編】FXでの移動平均線の基本と活用法!初心者でもわかる活用するための具体的手法を解説

RSI:オーバーバウト・オーバーソールドの判断

RSI(相対強弱指数)は、価格の強弱を数値化したもので、70以上をオーバーバウト(買われ過ぎ)、30以下をオーバーソールド(売られ過ぎ)と解釈します。

4時間足において、RSIが70を超えた後に下落し始めると、売りのサインと捉えられます。

逆に、30を下回った後に上昇し始めると、買いのサインとなります。

RSIは、トレンドの途中での一時的な反発や調整を捉えるのに有効なツールといえます。

▼FX RSIについてもっと詳しく知りたい方はこちら
完全攻略!FX RSIの正確な期間設定と売買タイミング
RSIとは?見方や取引での使い方、分析方法などを紹介!

MACD:トレンドの勢いと転換点を探る

MACDは、短期の移動平均線と長期の移動平均線の差を表現する指標です。

4時間足において、MACDがゼロラインより上にあり、かつ上向きであれば強気の勢いがあると判断されます。

逆に、ゼロラインより下で下向きの場合は弱気の勢いとみなされます。

さらに、MACDとそのシグナルラインがクロスする点も、トレンドの転換点として注目されます。

4時間足を活用したテクニカル分析は、短期の動きと中長期のトレンドを組み合わせることで、エントリーのタイミングを最適化することができます。

上記の指標を組み合わせることで、より精度の高いトレーディングが期待できるでしょう。

▼MACDについてもっと詳しく知りたい方はこちら
MACD(マックディー)とは?見方や使い方、取引への活かし方や注意点を解説!
FXのMACD(マックディー)解説:トレーダー必見の見方や売買シグナル、テクニックについて解説

エントリーポイントの特定:4時間足を使用して効果的にポジションを開く方法

FXトレーディングで成功するためには、適切なエントリーポイントを見つけるスキルが不可欠です。

この記事では、多くのプロフェッショナルトレーダーによっても推奨される4時間足を使用したエントリーポイントの特定方法に焦点を当てます。

具体的な手法と、その実践における注意点を詳細に解説します。

サポートとレジスタンス:基本中の基本

サポートとレジスタンスは、価格が反転する可能性が高い水準を示す基本的な概念です。

4時間足を用いてこれらの水準を確認することで、買いや売りのエントリーポイントをより明確に特定することが可能です。

特に、過去に複数回サポートやレジスタンスとして機能している価格帯は、強力なエントリーポイントとなる可能性が高いです。

フィボナッチリトレースメント:逆張りエントリーの極意

フィボナッチリトレースメントは、価格が反転する可能性のある水準を数学的に見つけ出すテクニカル分析の一手法です。

4時間足では、特に38.2%、50%、61.8%のリトレースメントレベルがよく用いられます。

価格がこれらの水準で停滞または反転すると、それは強力な逆張りエントリーポイントとなる可能性があります。

ローソク足パターン:短期的なエントリー信号

ローソク足パターンは、短期間内に価格の動きを読み取る方法の一つです。

4時間足でよく見られるパターンには、ハンマー、シューティングスター、エンゲルフィングなどがあります。

これらのパターンが確認できた場合、特にサポートやレジスタンス、フィボナッチレベルと合わせて現れたときには、高確率で有効なエントリーポイントとなる可能性があります。

エントリーポイントを特定するスキルは、成功するFXトレーディングの根幹をなしています。

4時間足を使いこなすことで、そのスキルを一段と高めることができるでしょう。

練習と経験を積み重ねて、この価値ある時間足で成功のチャンスをつかんでください。

▼ローソク足についてもっと詳しく知りたい方はこちら
ローソク足のパターンを徹底網羅!ローソク足の基礎知識からよく使われるパターンで解説
ローソク足を極めて利益を出す方法を解説!よく使われるローソク足や分析のコツなどをご紹介

ストップロスとテイクプロフィット:4時間足での適切なレベルの設定

エントリーポイントを見つけるスキルがFXトレーディングで成功するために重要なのは言うまでもありませんが、それだけでは十分ではありません。

ストップロスとテイクプロフィットの適切な設定もまた、成功への鍵を握っています。

この記事では4時間足を用いて、どのようにストップロスやテイクプロフィットを設定するべきかについて詳しく解説します。

サポートとレジスタンスを活用したストップロス設定

ストップロスは、大きな損失を防ぐための保険のようなものです。

4時間足で見ると、明確なサポートとレジスタンスのレベルがしばしば存在します。

これらのレベルを基にストップロスを設定することで、冷静かつ論理的なトレーディングが可能になります。

たとえば、ロングポジション(買い)を持つ場合、サポートレベルより少し下にストップロスを設定します。

逆に、ショートポジション(売り)を持つ場合は、レジスタンスレベルより少し上にストップロスを置くと良いでしょう。

ATR(Average True Range)で決めるテイクプロフィット

テイクプロフィットは、予め決めた利益が出た時点でポジションを手仕舞うための注文です。

4時間足を使用する際に有用な指標の一つがATR(Average True Range)です。

この指標は価格の変動幅を数値で表しており、それを基にテイクプロフィットのレベルを設定することができます。

具体的には、ATRの数値を現在のエントリーポイントに加算(または減算)してテイクプロフィットのレベルを決定します。

この方法により、市場のボラティリティに合わせた柔軟なテイクプロフィット設定が可能です。

リスク対報酬比を考慮した設定

ストップロスとテイクプロフィットを設定する際には、リスク対報酬比も重要な考慮点となります。

一般的には、リスク対報酬比が1:2以上であれば、それは合理的なトレードとされています。

4時間足を使用する場合、この比率を維持しながら注文を設定することで、長期的に安定したリターンを追求することが可能です。

例えば、ストップロスが20pipsの場合、テイクプロフィットは最低でも40pips以上に設定するべきです。

このようにリスク対報酬比を適切に管理することで、一時的な損失を上回る利益を狙う戦略が構築できます。

ストップロスとテイクプロフィットはトレーディングの成功において不可欠な要素です。

4時間足を用いることで、これらの要素をより精緻に、そして効果的に管理することができるでしょう。

複数の時間足を組み合わせる:1時間足や日足との連携

FXトレーディングにおいて、単一の時間足だけに依存するのはリスクが高いと言えます。

多角的な視点から市場を分析することで、より確実なトレードが可能になるわけです。

この記事では、4時間足を主軸に、1時間足や日足といった他の時間足とどのように組み合わせるべきかについて解説します。

1時間足での精度向上:4時間足の補完

4時間足はトレンドの方向性をつかむのに非常に有用ですが、エントリーやエグジットのタイミングまで特定するには限界があります。

この問題を解決するために、1時間足を併用する方法があります。

具体的には、4時間足でトレンドやキーサポート、レジスタンスレベルを特定した上で、1時間足で具体的なエントリーポイントを見つけるという使い方が一般的です。

この組み合わせによって、大局的な動きを逃さず、かつ短期的な局面でのリスクを最小限に抑えることが可能です。

日足との連携:長期トレンドの確認

一方で、4時間足は短期〜中期のトレンドをキャッチするのに適していますが、長期的なビューには日足が必要です。

日足を用いることで、数週間から数ヶ月にわたるトレンドを把握し、その上で4時間足でトレードを行うと、より安全なトレーディングが可能です。

例えば、日足で上昇トレンドが確認できた場合、4時間足での「買い」のエントリーポイントを探す方が理にかなっています。

このようにして、複数の時間足を組み合わせることで、リスクを分散し、より堅実なトレードを行うことができます。

▼日足についてもっと詳しく知りたい方はこちら
日足の分析を用いたトレードを解説!見方やリスク、他の時間足との違いや特徴を解説!
FXでの日足トレード:エントリーから利確、注意点までの詳細ガイド

重要:時間足ごとの特性を理解する

複数の時間足を組み合わせる際には、それぞれの時間足が持つ特性を理解することが非常に重要です。

短い時間足(例:1時間足)はノイズが多く、長い時間足(例:日足)は反応が鈍い可能性があります。

そのため、4時間足を中心に、短い時間足での緻密なエントリーと、長い時間足での大局的なビューをバランス良く取り入れることが肝心です。

このようなマルチタイムフレーム分析は、一貫した戦略に基づいて行うことが重要であり、その結果としてより成功確率の高いトレーディングが期待できます。

4時間足を活用する際に、1時間足や日足との組み合わせは非常に効果的です。

これらの時間足の特性を理解し、それぞれの長所と短所を補完しながらトレードを行うことで、より確実で利益の出るトレーディングが可能となります。

リスクマネジメント:4時間足での負けないコツと戦略

FXトレーディングにおいて、利益を上げるだけでなく、リスクをコントロールするスキルも非常に重要です。

4時間足は、その両方を達成するのに有用な時間枠とされています。

この記事では、4時間足を用いたリスクマネジメントの基本的な戦略とコツを詳しく解説します。

ストップロスの設定:4時間足での基準

ストップロス(損切り)は、トレーディングのリスクをコントロールする基本的な手法の一つです。

4時間足を使用する場合、ストップロスの位置はどこに設定すればよいのでしょうか。

一般的には、4時間足に表示される最近の高値や安値を参考にします。

これは、市場の短期的な反転ポイントを示す可能性が高いからです。

ストップロスを設定する際は、そのレベルを少し広めに取ることで、一時的な価格の変動による誤発動を防ぐことができます。

ポジションサイズの調整:レバレッジとのバランス

4時間足でのトレーディングでは、ポジションサイズも重要な要素です。

リスクを適切にコントロールするためには、ポジションサイズと使用するレバレッジのバランスが必要です。

レバレッジが高すぎると、少しの価格変動で大きな損失を被る可能性があります。

そのため、4時間足でのトレーディングにおいては、レバレッジは控えめに設定するのが賢明です。

ポジションサイズは、ストップロスの位置に応じて調整することが一般的です。

この方法によって、一度のトレードで許容するリスクを一定に保つことが可能です。

分散投資:複数通貨ペアの活用

4時間足を活用する際のもう一つのリスクマネジメントの手法として、分散投資があります。

複数の通貨ペアに投資することで、リスクを分散させることができます。

例えば、ある通貨ペアで損失が出た場合でも、他の通貨ペアでの利益がそれを補てんする可能性が高まります。

ただし、通貨ペアを多く選ぶほど、それぞれのペアに割ける時間や資源は限られます。

そのため、リスク分散と管理能力とのバランスをしっかりと取る必要があります。

4時間足でのリスクマネジメントは、ストップロスの設定、ポジションサイズの調整、そして分散投資など、複数の要素が複雑に絡み合っています。

これらの要素をうまく組み合わせることで、リスクを効果的にコントロールし、より確実なトレーディングを目指すことができます。

結論:4時間足トレーディングの効果的な活用法と今後の展望

FXトレーディングには多くの時間足が存在しますが、特に4時間足は中長期のトレードに適した選択肢とされています。

この記事では、4時間足トレーディングの効果的な活用法と、その今後の展望について解説します。

これまでの一連のケーススタディや戦略を総合的に考慮して、4時間足での成功の鍵を探ります。

効果的な4時間足トレーディングのコツ

4時間足でのトレーディング成功のためには、いくつかの基本的なポイントがあります。

  1. テクニカルインジケーターの選択:移動平均線、RSI、ボリンジャーバンドなど、様々なインジケーターがありますが、それぞれの特性を理解し、組み合わせて使用することが重要です。
  2. エントリーポイントとエグジットポイント:適切なエントリーとエグジットポイントを設定することで、リスクを最小限に抑え、最大限のリターンを得られます。
  3. リスクマネジメント:ストップロスとテイクプロフィットを明確に設定し、負けても大きな損失につながらないように計画します。

これらのポイントを押さえることで、4時間足でのトレーディングがより効果的になります。

注意すべきポイントと落とし穴

成功への道は決して平坦ではありません。

4時間足トレーディングにも、いくつかの注意すべきポイントと落とし穴が存在します。

  1. 過度なレバレッジ:4時間足では、価格変動が大きくなる可能性もあるため、過度なレバレッジは避けるべきです。
  2. ニュースとイベント:経済指標の発表など、短期的な価格変動を引き起こす可能性があります。
    これらのイベントが4時間足のトレードに与える影響を理解しておくことが重要です。

これらのポイントに注意を払い、戦略を調整することで、より成功確率の高いトレーディングが可能となります。

今後の展望:4時間足トレーディングの進化

4時間足は今後も多くのトレーダーにとって重要なツールとなるでしょう。

しかし、新しいインジケーターの開発やAI技術の進化により、より効率的なトレーディングが期待されます。

また、複数の時間足を組み合わせるマルチタイムフレーム分析も注目されています。

これにより、短期のトレンドを確認しながら、中長期の戦略も考慮することが可能となります。

結論として、4時間足トレーディングは、その基本戦略とリスクマネジメント、そして進化するトレーディング環境に適応する能力が求められます。

これからもこの時間足を効果的に活用して、賢いトレーディングを心掛けましょう。

FXトレードに関するサービスのご紹介【PR】

FXトレードができる証券会社や勉強のために役立つサービスを厳選してご紹介です。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

松井証券FX 新規口座開設獲得プロモーション

投資の達人になる投資講座

ーーーーー