株やFXの逆指値とは?指値との違いやメリットやデメリット、使用例を解説!

本コンテンツ内で紹介するサービスには広告が含まれている場合がございます。

逆指値とは?初心者向けの基本解説

投資やトレードの世界に足を踏み入れると、多くの専門用語に出会います。

その中でも「逆指値」という言葉を耳にすることが増えてきたかもしれません。

では、逆指値とは一体何なのでしょうか

ここでは、逆指値の基本的な概念を初心者向けにわかりやすく解説します。

▼FXの基本についてもっと詳しく知りたい方はこちら
FXトレードの基本解説: 用語から取引方法まで
FX初心者のための注文方法:知っておきたい基本と使い方

逆指値の定義と基本的な仕組み

逆指値とは、株やFXの取引において、ある価格を超えたときに売買を実行する指示のことを指します。

通常の指値とは逆に、ある価格を下回った場合や上回った場合に取引を実行するという点で名前が付けられました。

通常、投資家は価格が上がることを期待して株を購入しますが、逆指値は価格が下がったときに損切りをするためや、逆に上がった場合に利益を確定するために使用されます。

なぜ逆指値が必要なのか

逆指値は、リスク管理や利益の確定を助けるツールとして非常に有効です。
例えば、突然の悪材料により株価が急落した場合、逆指値を設定しておくことで、大きな損失を避けることができます。

逆に、ある程度の利益が出てきたが、これ以上上がらないと判断した場合、逆指値を使って利益を確定することもできます。

逆指値と指値、どちらを使用するべきか

逆指値と通常の指値のどちらを使用するかは、投資家の戦略や目的によって異なります。

指値は、希望する価格での取引を目指すもので、逆指値は価格が不利な方向に動いた際のリスクヘッジや利益確定を目的としています。

例えば、ある株を1000円で購入し、この価格が950円を下回ったら損切りしたいと思った場合、950円で逆指値を設定します。

一方、1100円で利益を確定したい場合は、1100円で逆指値を設定することになります。

逆指値をうまく活用することで、リスクを管理しやすくなるので、この機会に是非とも取引に取り入れてみてはいかがでしょうか。

逆指値の具体的な仕組み

投資を始めると、多くの方が「指値」という言葉を目にするでしょう。

しかし、その一方で「逆指値」という言葉もよく耳にします。

これは指値とは異なる仕組みを持つ、非常に興味深い取引方法です。

ここでは、逆指値の具体的な仕組みを詳しく解説していきます。

逆指値とは?

逆指値は、ある価格に達したときに、その価格以上または以下で取引を実行するための注文方法です。

具体的には、売りの逆指値の場合、注文価格以上での売却、買いの逆指値の場合、注文価格以下での購入を指示することになります。

逆指値と指値の違い

指値は、設定価格での取引を希望する注文方法です。

逆指値とは逆に、売りの指値の場合、注文価格以下での売却、買いの指値の場合、注文価格以上での購入を指示します。

この主要な違いから、逆指値と指値は異なるシチュエーションでの利用が考えられます。

逆指値のメリット・デメリットと使用例

メリット:
逆指値の最大のメリットは、損失の限定や利益確定を自動化できる点です。

例えば、FXで買いポジションを持っている場合、一定のレート以下になったら売却する逆指値を設定することで、大きな損失を防ぐことが可能です。

デメリット:
一方、市場が一時的に大きく動いた場合、逆指値が意図せず約定するリスクもあります。

また、注文が約定しないケースも考えられるため、完全な損失リスクヘッジとは言えません。

使用例:
逆指値は、投資家の投資戦略やリスク許容度に合わせて、柔軟に使用することができます。

例えば、株価が一定のサポートラインを割った場合に売却する、あるいはレジスタンスラインを超えた場合に購入するなど、チャートの技術的分析と組み合わせて利用することも可能です。

逆指値は、投資家が効果的なリスク管理を行うための有効なツールと言えます。

しかし、その機能と特性を十分に理解し、適切なシチュエーションで使用することが、その真価を引き出す鍵となります。

▼FXのリスク管理についてもっと詳しく知りたい方はこちら
FX初心者必見!リスク管理のヒントと実践的なアドバイス
安全に稼ぐためのFXトレード術: リスク管理の基本

FXトレードに興味がある方はこちら! 『松井証券FX』がお勧めできる理由!
・100円から取引可能
・業界最狭水準スプレッド 0.2銭
・初心者も始めやすい自動売買

通常の指値と逆指値の違い

投資の世界には様々なツールやテクニックが存在します。特に取引を行う際に欠かせないのが「指値」と「逆指値」です。

これらの用語は、取引の戦略やリスク管理において非常に重要な役割を果たします。

しかし、初心者の方々にとっては、これらの違いが分かりづらいことも。
ここでは、通常の指値と逆指値の基本的な違いについて詳しく解説していきます。

通常の指値とは

指値とは、投資家が取引を行いたい特定の価格をあらかじめ指定しておき、その価格に達した時点で売買を自動的に実行する指示のことを指します

例えば、現在の株価が1000円で、この株を900円で購入したいと考えた場合、900円での購入指値を設定することができます。

同様に、1100円で売却したい場合は、1100円での売却指値を設定します。

▼FXの指値についてもっと知りたい方はこちら
指値とは?FXや株取引を行う上での基本的な注文方法を解説!

逆指値とは

逆指値は、指定した価格を上回った、または下回った時点で売買を自動的に実行する指示のことを指します。

つまり、価格が不利な方向に動いた際に、リスクをヘッジするためのツールとして使用されます。

例えば、持っている株が突然の悪材料で価格が下落するリスクを考慮して、950円を下回ったら売却するという逆指値を設定することができます。

指値と逆指値の主な違い

指値と逆指値の主な違いは、取引を行いたい価格を指定する意図が異なることです。
指値は、理想の価格で取引を行うことを目的としています。

一方、逆指値は、価格が不利な方向に動いた場合のリスクヘッジや、価格が有利な方向に動いた場合の利益確定を目的としています。

また、指値は必ずしも成立しない可能性がある点で、逆指値とは異なります。

逆指値は、指定した価格を上回ったり下回ったりした場合、他の市場参加者との競合になることなく、優先的に取引が実行されることが特徴です。

これらの違いを理解し、適切な取引ツールを選択することで、投資戦略をより効果的に展開することができます。

これらの基本をしっかりと押さえて、賢い投資を心がけましょう。

▼FXの投資戦略についてもっと詳しく知りたい方はこちら
FX初心者が100万円を賢く運用するためのリスク管理や戦略を解説!
FXで月30万円を堅実に稼ぐ!リスクを最小限に抑える方法やテクニック、戦略を解説

逆指値の主なメリット

取引戦略の中で、逆指値は多くの投資家やトレーダーに利用される重要なツールとなっています。

逆指値には、取引の際に利用することで得られる多くのメリットが存在します。

ここでは、逆指値の主なメリットについて詳しく解説していきます。

リスクヘッジとしての役割

逆指値の最も大きなメリットは、不利な価格変動からのリスクヘッジができることです。

例えば、持っている株の価格が急落するリスクを考慮し、ある一定の価格を下回った時点で自動的に売却するような逆指値を設定することができます

これにより、損失をある範囲内に抑えることができるのです。

感情の影響を受けずに取引を実行

投資やトレードの決断には、しばしば感情が介入し、計画通りの行動が取れなくなることがあります。

逆指値を使用することで、事前に決定した計画通りの価格での売買が自動的に実行されるため、感情に流されることなく、冷静な判断を維持することができます。

▼冷静な判断についてもっと詳しく知りたい方はこちら
なぜ多くの人がFXで勝てないのか?行動経済学・心理学の視点で解説
FXの”負ける”仕組み: 市場の深層心理とリスク要因を探る

市場の急変動時の迅速な対応

特定の経済イベントや突発的なニュースにより、市場が急激に動くことがあります。

このような時、逆指値が設定されていると、自動的に取引が行われるため、市場の急変動に迅速に対応することができます

人間がリアクションするよりも迅速に取引が行われるため、想定外の大きな損失を回避することが期待できます。

逆指値は、これらのメリットを活かすことで、効果的な取引戦略の一部として活用することができます。

ただし、逆指値の特性や適切な設定方法を理解した上で使用することが、そのメリットを最大限に活かす鍵となります。

このツールをうまく活用して、賢い投資を心がけましょう。

逆指値の主なデメリット

逆指値は、投資家やトレーダーにとって価値あるツールとして知られていますが、その利点ばかりでなくデメリットも確実に存在します。

成功した取引戦略の鍵は、そのツールの特性を総合的に理解し、適切に活用することにあります。

ここでは、逆指値の主なデメリットに焦点を当てて解説していきます。

確定された取引価格の不確実性

逆指値は、指定された価格に達した際に取引を行うよう指示するものです。

しかし、実際の取引価格は市場の状況によっては、設定した価格とは異なる場合があります。

特に市場が非常に動きが激しい時に、希望する価格よりも不利な価格で取引が成立するスリッページが生じるリスクがあります。

▼スリッページについてもっと詳しく知りたい方はこちら
スリッページとは?発生する原因や取引への影響、なぜ知っておくべきかを解説!

過度な取引の誘発

逆指値を多用することで、予想外の小さな市場の動きにより、頻繁に取引がトリガーされることが考えられます。

これは、手数料がかさむだけでなく、予定していた取引戦略からの乖離を招く恐れがあります。

計画的な取引が重要であることを忘れず、逆指値の設定は慎重に行う必要があります。

▼乖離についてもっと詳しく知りたい方はこちら
FX初心者必見!「乖離」とは何か?基本から徹底解説

心理的な安心感の誤解

逆指値を設定することで、一定の安心感を得ることができますが、これが過信に繋がることもあります

市場は予測不可能な動きをすることがあるため、逆指値だけに頼るのではなく、市場の動向を常にチェックし、適切な対応をとる姿勢が求められます。

投資やトレードの道具として逆指値は非常に有用ですが、その使用には注意が必要です。

デメリットを理解し、適切な方法で取引ツールとして活用することで、逆指値の真の価値を最大限に引き出すことができます。

各投資家やトレーダーの判断に委ねられる部分も多いですが、情報と知識の習得が成功のカギになります。

株取引における逆指値の使用例

逆指値は投資の世界で非常に一般的な取引手法となっており、多くのトレーダーや投資家がこれを利用しています。

特に株取引においては、ポートフォリオの保護や利益の最大化を目指す際の強力なツールとして機能します。

ここでは、株取引における逆指値の具体的な使用例を詳しく解説します。

ポートフォリオの損失を制限する

逆指値は、株価がある特定の価格まで下落した場合に売却するような指示を設定することができます。

例えば、ある銘柄を1,000円で購入し、価格が950円まで下がった場合に売却したいと考えるなら、950円を逆指値として設定します。

この方法により、株価の大幅な下落リスクから自らを守ることができ、最大の損失を制限することができます。

利益を確保するための戦略

逆指値は、利益を確保する手段としても活用できます。

例として、銘柄を1,000円で購入し、その後株価が1,200円に上昇したとします。

ここで、1,150円を逆指値として設定することで、株価が再び下落しても1,150円以上で売却されることを保証できます。

これにより、ある程度の利益を確保しつつ、さらなる上昇のチャンスも逃さない戦略をとることができます。

注目銘柄の購入タイミングを逃さない

逆指値は購入の際にも活用可能です。
例えば、ある銘柄が強い上昇トレンドにあると分析した場合、現在の市場価格よりも高い価格での購入指示を設定することができます。

これにより、銘柄の上昇トレンドに乗るタイミングを逃すことなく、購入することが可能となります。

株取引における逆指値の使用例を通して、その多様性と効果的な活用方法が明確になったことでしょう。

適切に使用することで、逆指値は取引の成功に大きく貢献するツールとなります。

その効果を最大限に引き出すためには、市場の動きや自身の投資戦略を常に見直し、柔軟に対応する必要があります。

▼FXのトレンドについてもっと詳しく知りたい方はこちら

FXの水平線とトレンドライン活用術:正確な線の引き方と効果的なトレード戦略
押し目とは?トレンドを見極めるコツや取引への活かし方、なぜリスクが大きいかについて解説

 FX取引における逆指値の使用例

FX取引は、通貨ペアの価格変動を利用して利益を追求するものです。

その中で、逆指値はリスク管理や利益確定のための重要なツールとして活用されています。

このセクションでは、FX取引における逆指値の具体的な使用例を詳しく解説します。

リスク管理のための逆指値設定

FX取引では、大きな利益を追求する一方で、急激な価格変動による損失リスクも高まります。

例えば、USD/JPYの通貨ペアを110円でロング(買い)ポジションを持った場合、円高リスクを回避するために109.50円での逆指値を設定することができます。

これにより、円が急激に高くなった場合でも、指定した価格での自動売却が行われるため、損失を制限することができます。

▼円高リスクについてもっと詳しく知りたい方はこちら
円相場の変動:円安・円高の特徴、良い点・悪い点を徹底解説
ドル円でスワップポイント運用をするメリット・デメリット・注意点・リスクの解説

利益確定のための逆指値活用

FXでの取引で利益を出しているポジションに対して、逆指値を設定することで利益を確定させる戦略も一般的です。

たとえば、USD/JPYを110円でロングポジションを持ち、価格が111円に上昇したとします。

この状況で110.50円に逆指値を設定することで、価格が再び下がっても指定した価格での自動売却が行われ、一定の利益を確保することが可能です。

ブレイクアウトを狙う逆指値注文

FX取引においては、重要なサポートラインやレジスタンスラインがブレイクした際の大きな動きを利用したトレード戦略がよく用いられます。

例として、USD/JPYが一定のレジスタンスラインに近づいている場面で、そのラインを上抜けることを予想している場合、ブレイクする価格よりも少し高い価格での買い逆指値を設定することで、ブレイクアウトをキャッチしてエントリーすることが可能となります。

FX取引の世界では、価格の動きが速く、その動きに即座に反応する必要があります。

逆指値は、このような取引環境下でリスク管理や利益確定、さらには戦略的なエントリーを行うための強力なツールとして活用されています。

適切に使用すれば、トレードの成功率を高め、効果的なリスク管理を実現することができます。

逆指値の設定のコツと注意点

逆指値は投資やトレードの際のリスク管理や利益確定の手段として非常に有効です。

しかし、適切な位置で設定しなければ、その効果を十分に活用することは難しいでしょう。

ここでは、逆指値を設定する際のコツや注意点について詳しく解説します。

逆指値の設定の基本的なコツ

逆指値を効果的に活用するための基本的なコツは、マーケットのボラティリティや自身のリスク許容度を十分に理解することです。

具体的には、過去の価格動向やサポート・レジスタンスラインを参考に、逆指値の位置を決めると良いでしょう。
また、ポートフォリオの全体バランスや損切りの戦略も考慮しながら、適切な位置での設定を心がけることが重要です。

▼損切りについてもっと詳しく知りたい方はこちら
損切りするから負ける?FXの損切り戦略を再評価する
損切りするから負ける?損小利大の考え方や損切りでトータルで負ける人の特徴、損切りのコツを解説!

逆指値の設定時の一般的な注意点

逆指値を設定する際の注意点として、以下の三つが挙げられます。

  1. 極端に狭い範囲での設定は避ける: 短期的な価格の変動により、不必要に取引が実行されてしまうリスクが高まります。
  2. 大きなニュースやイベント前は注意: 予期しない大きな価格の動きが発生する可能性があるため、逆指値の再評価や調整が必要です。
  3. 逆指値の設定は定期的に見直しを: 市場環境や自身の投資戦略の変更に応じて、逆指値の位置を更新することが求められます。

テクニカル分析を利用した逆指値の設定

テクニカル分析は、逆指値の設定に役立つ情報を提供してくれるツールの一つです。

例えば、移動平均線やボリンジャーバンド、RSIなどの指標を使用して、過去の価格動向やボラティリティを分析することで、より適切な逆指値の位置を特定することが可能です。

特に、ブレイクアウトやトレンドの転換点を予測する際に、これらのテクニカル分析ツールは非常に役立ちます。

逆指値は、投資家やトレーダーの大切なツールとして位置づけられていますが、その設定方法や適用時の注意点を理解しておくことで、よりその効果を最大限に引き出すことができます。

適切な知識と経験を持ち合わせて、賢明な逆指値の活用を心がけましょう。

▼テクニカル分析についてもっと詳しく知りたい方はこちら
FXのテクニカル分析、初めての方向けの主要指標と取引のコツを紹介

初心者が逆指値を利用する際の注意点

逆指値は、投資の世界で頻繁に聞く言葉の一つですが、初心者にとってはその仕組みや利用の仕方が難しく感じるかもしれません。

ここでは、初心者が逆指値を利用する際の注意点を中心に、その理解を深めていただけるよう解説していきます。

逆指値の基本的な概念

逆指値は、指定された価格に達した場合に注文を実行するもので、その価格を上回るか、あるいは下回る価格で取引が行われます。

逆指値は特に、リスク管理の一環として利用されることが多いです。

初心者が陥りやすいミス

逆指値を使用する際、初心者が陥りやすいミスとして以下の点が挙げられます。

  • 適切な価格設定の誤り:逆指値の価格を適切に設定しないと、想定外の価格での取引が行われることがあります。
  • 逆指値と指値の混同:これらは異なる注文方法であり、混同すると取引戦略が狂ってしまう可能性があります。
  • 過度な依存:逆指値はあくまでリスク管理の一環として使うもので、それに過度に依存するとチャンスを逃してしまうことも。

逆指値を利用する際の注意点

逆指値を利用する際には、以下の点に注意してください。

  • 市場の状況の理解:逆指値を設定する際には、市場の動向やその背景をしっかりと理解することが必要です。
  • 価格の再確認:注文を出す前に、設定した価格が適切であるかを再確認すること。
  • 利用する目的の明確化:逆指値を利用する目的を明確に持ち、それに基づいて適切な価格やタイミングでの利用を心掛けること。

逆指値は、正しく利用することで投資戦略の一部として非常に有効なツールとなります。

しかし、その使用方法や注意点をしっかり理解していないと、予期しない損失を招くことも。

初心者の方は、このことをしっかりと頭に入れて、賢い投資を目指してください。

まとめ: 逆指値を賢く活用して資産を守る

投資やトレードの世界では、様々な戦略やツールが提供されていますが、逆指値はその中でも特に重要な位置を占めています。

このツールを適切に使用することで、損失を抑えたり、利益を確定させたりすることが可能となります。

ここでは、逆指値の活用方法と、それを通じて資産を守る方法についてまとめてみました。

逆指値の基本的な役割

逆指値は、基本的には損切りや利益確定を自動で行うための注文方法として知られています。

市場価格が特定の価格に達したときに、売買注文が自動的に発注される仕組みです。

これにより、投資家やトレーダーは、常に市場を監視していなくても、自らの戦略に基づいた取引を行うことができます。

逆指値の効果的な活用方法

逆指値の最も大きな利点は、感情的な判断を避け、冷静に計画通りの取引を行えることです。

特定の価格に達した場合に自動的に取引が行われるため、短期的な価格の変動に一喜一憂することなく、長期的な投資戦略を堅持することが可能です

また、逆指値を使用することで、予め決めたリスクリワードの比率を維持することが容易になります。

資産を守るための逆指値の設定のコツ

逆指値を賢く活用するためには、以下の点に注意することが重要です。

  1. マーケットのボラティリティを理解する: 高ボラティリティの市場では、逆指値を狭く設定すると、一時的な価格の変動で注文が発注されてしまうリスクが高まります。
  2. テクニカル分析を駆使する: サポートラインやレジスタンスラインを利用して、逆指値の位置を決定すると、より効果的な取引が期待できます。
  3. 定期的に見直しを行う: 市場の状況や自らの投資戦略の変更に合わせて、逆指値の位置を更新することが重要です。

まとめると、逆指値は投資やトレードにおける非常に有効なツールと言えます。

しかし、その効果を最大限に引き出すためには、市場の動向を理解し、適切な位置で設定することが不可欠です。

適切な知識と経験を持ち合わせ、逆指値を賢く活用して、貴重な資産を守りましょう。

FXトレードに関するサービスのご紹介【PR】

FXトレードができる証券会社や勉強のために役立つサービスを厳選してご紹介です。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

松井証券FX 新規口座開設獲得プロモーション

投資の達人になる投資講座

ーーーーー