株式投資の始め方: 必要最低資金は実際いくらから?

本コンテンツ内で紹介するサービスには広告が含まれている場合がございます。

株式投資の魅力と基本

株式投資は、資産を増やす手段として多くの人に注目されています。

しかし、始める前に知るべき基本や、実際に必要な最低資金はどの程度なのでしょうか?

この記事では、株式投資の基本と魅力について掘り下げていきます。

株式投資の基本を理解する

株式投資とは、企業の株式を購入し、その価値の上昇や配当を通じて利益を得ることを指します。

株式市場にはさまざまな企業が上場しており、投資家はこれらの企業の一部を所有することができます。

株式投資の大きな魅力は、資本の増加と配当収入の二つの側面があることです。

株価が上昇すれば、売却時に購入時よりも高い価格で売れ、利益を得ることができます。

また、多くの企業では利益の一部を株主に配当として支払います。これにより、投資家は定期的な収入を得ることも可能です。

しかし、株式投資にはリスクも伴います。

市場の変動によって株価は上下し、投資した資本が減少する可能性もあります。

だからこそ、株式投資を始める前には、市場の動向、個々の企業の財務状況、業界のトレンドなどをしっかりと理解しておくことが重要です。

▼株式投資についてもっと詳しく知りたい方はこちら
株式投資とは? 初心者でもわかる株の始め方を徹底解説!
【初心者向け】株式投資はいくらからできる? 少額投資のやり方を解説

必要最低資金の考え方

株式投資を始めるためには、ある程度の初期資金が必要です。

しかし、必要な最低資金は一概には言えません。これは、選ぶ証券会社や投資する株式によって異なります。

多くの証券会社では、口座開設自体に費用はかかりませんが、取引には最低限の資金が必要です。

例えば、一株数千円の株式を10株購入する場合、数万円の資金が必要になります。

しかし、最近では少額から投資できるサービスも増えており、数千円程度から始めることも可能です。

また、株式投資には取引手数料がかかることも忘れてはいけません。

投資額が少ない場合、この手数料が収益を圧迫することもあります。

そのため、取引コストを考慮して、適切な投資額を決定することが大切です。

株式投資の始め方

株式投資を始めるためには、まず証券口座の開設が必要です。

証券口座は、株式を購入するためのアカウントであり、多くの証券会社がオンラインで簡単に開設できるサービスを提供しています。

口座開設後は、投資戦略を立てることが重要です。

自分がどの程度のリスクを取れるか、どのくらいの期間投資するか、どの業界や企業に投資するかなど、様々な要素を考慮しましょう。

株式投資は、適切な知識と戦略を持つことで、貴重な資産形成の手段となります。

しかし、リスクも伴うため、慎重に行動し、継続的に学び続ける姿勢が求められます。

必要最低資金に関しても、自身の投資目的とリスク許容度を考慮し、無理のない範囲で投資を始めることが大切です。

必要最低資金とは?

株式投資を始めたいと考えた時、多くの方が最初にぶつかる壁が「必要最低資金」です。

実際、株式投資にはいくらから始められるのでしょうか?

この記事では、株式投資のための最低資金について詳しく解説します。

株式投資を始めるための最低資金

株式投資を始めるためには、まず自分が投資可能な最低資金を知ることが大切です。

最低資金は、証券会社や取引する株の種類によって異なります。

多くの証券会社では、口座開設自体に費用はかかりませんが、取引を開始するには一定の資金が必要です。

例えば、一株1,000円の株式を10株購入する場合、最低でも10,000円の資金が必要になります。

しかし、一部の証券会社では1株からの取引も可能で、より少額からの投資が可能になっています。

また、最近では分散投資を容易にするための少額投資プログラムも提供されており、数千円程度から始めることができる場合もあります。

投資にかかる費用を考慮する

株式投資を始める際には、投資する金額だけでなく、取引にかかる費用も考慮する必要があります。

株式の売買には、取引手数料が発生するため、これも投資計画に含める必要があります。

取引手数料は、証券会社や取引の規模によって異なります。

オンライン証券の多くでは、取引手数料が非常に低いため、少額でも効率的に取引を行うことができます。

しかし、取引量が多くなると手数料も増えるため、この点を考慮して投資計画を立てることが重要です。

初心者に適した投資方法の選択

初心者が株式投資を始める際には、リスクを抑えつつ経験を積むことが重要です。

少額から始められるインデックスファンドや、分散投資が容易なETF(上場投資信託)は、初心者にとって適した選択肢の一つです。

また、証券会社によっては、仮想資金を使用して株式市場をシミュレーションできるデモ取引サービスを提供していることもあります。

実際の資金を投入する前に、これらのサービスを利用して市場の動きを学び、取引の感覚を掴むのも良いでしょう。

株式投資を始めるための最低資金は、証券会社や取引スタイルによって異なりますが、現在では数千円程度から投資を始めることが可能です。

重要なのは、リスクを理解し、自分に適した投資方法を見つけること。初心者でも慎重に計画を立てれば、株式投資で資産を増やすことが可能です。

▼インデックスファンドについてもっと詳しく知りたい方はこちら
株式投資の「インデックスファンド」とは? 初心者向けのメリットを解説
インデックス投資は儲かる? 利益が出る仕組みやリスクを解説

少額から始める株式投資

株式投資は、多くの人にとって興味深いが、どのくらいの資金から始められるのかという疑問があります。

特に初心者は、少額から始めることでリスクを抑えながら学べるのではないでしょうか。

この記事では、少額から始める株式投資について詳しく解説します。

少額投資の可能性

株式投資を始めるための「最低資金」という概念は、実際には非常に柔軟です。

現在、多くのオンライン証券会社では、小額の資金でも株式投資を始めることができます。

一部の証券会社では、数百円から数千円という少額で株を購入することが可能です。

これにより、大きなリスクを取らずに株式市場の動きを学ぶことができます。

また、最近のトレンドとして「フラクショナルシェア」という概念も注目されています。

これは、高価な株式を「一部」だけ購入することで、少ない資金でも幅広い企業への投資が可能になります。

少額投資の利点と注意点

少額投資の最大の利点は、大きなリスクを取らずに投資経験を積むことができる点です。

特に株式投資初心者にとっては、市場の動きを学ぶ絶好の機会となります。

しかし、少額投資には注意が必要です。取引手数料やその他の費用が、投資リターンに影響を与える可能性があります。

そのため、手数料の低い証券会社を選ぶことが重要です。

また、少額投資では分散投資が難しい面もあります。

限られた資金で多くの株式に分散投資することは困難なため、リスク管理には特に注意が必要です。

少額でも実践的な学びを得る

少額投資の魅力は、実際の市場で学べることにあります。

実際のお金を使って投資を行うことで、リスク管理や市場分析の重要性を実感できます。

また、少額投資でも市場のニュースや企業の業績報告に注目することで、投資家としての洞察力を養うことができます。

株式市場は日々変動し、多くの要因によって影響を受けます。

少額でも実際に市場に参加することで、これらの動きを肌で感じ取ることが可能です。

株式投資は、必ずしも大きな資金が必要というわけではありません。

少額から始めることで、リスクを抑えつつ、貴重な学びを得ることができます。

重要なのは、自己教育とリスク管理を怠らないこと。

これらを心掛ければ、少額投資でも投資家としての経験を積むことができるでしょう。

▼少額投資についてもっと詳しく知りたい方はこちら
株式投資は「100円」からでもできる! 少額投資のやり方を徹底解説!
【初心者向け】株式投資を1000円から始める方法! 少額投資のコツを解説!

証券口座の選び方

株式投資を始める際、最初の重要なステップは適切な証券口座を選ぶことです。

適切な口座選びは、取引コストの節約、利便性の向上、そして投資体験全体の質に大きく影響します。

ここでは、証券口座を選ぶ際のポイントを詳しく解説します。

取引手数料とその他の費用

証券口座を選ぶ際、最も重要な要素の一つが取引手数料です。

これは、株式を売買する際にかかるコストで、口座によって大きく異なります。

特に少額投資の場合、手数料は利益に大きく影響を及ぼす可能性があるため、低コストの証券口座を選ぶことが重要です。

また、口座維持費や引き出し手数料などの隠れたコストにも注意が必要です。

これらの費用は、長期にわたる投資で無視できない金額になることがあります。

サービスと機能

証券口座を選ぶ際には、提供されるサービスと機能も考慮する必要があります。

例えば、リアルタイムの株価情報、分析ツール、投資教育コンテンツの提供などです。

また、モバイルアプリの使いやすさや顧客サポートの質も重要な要素です。

初心者には、直感的なインターフェースと基本的な教育ツールが備わった口座が適しています。

経験豊富な投資家の場合、より高度な分析ツールや多様な投資オプションが利用可能な口座が望ましいでしょう。

安全性と信頼性

投資はリスクを伴いますが、証券口座自体の安全性と信頼性は妥協すべきではありません。

証券口座を選ぶ際には、その業者が適切な金融ライセンスを持ち、投資家保護の規制に従っているかを確認しましょう。

また、ユーザーの評価や口コミも参考になります。

アクセスと利便性

オンライン取引の容易さも重要な要素です。

特に、スマートフォンやタブレットからのアクセスが容易な証券口座は、いつでもどこでも取引を行うことができ、現代の投資家にとって大きな利点となります。

少額投資に適した口座

少額から始める投資家の場合、小額取引に対応している証券口座を選ぶことが重要です。

例えば、フラクショナルシェア(株の一部を購入すること)を提供している口座は、少額でも多様なポートフォリオを構築するのに役立ちます。

株式投資を始めるにあたり、証券口座の選択は非常に重要です。

手数料、サービス、安全性、利便性を総合的に考慮し、自分の投資スタイルや目的に最適な口座を選びましょう。

正しい選択が、投資経験全体を大きく左右するからです。

リスク管理の基本

株式投資を始める際、最も重要な要素の一つがリスク管理です。

特に初心者にとって、リスクを理解し適切に管理することは、長期的な成功の鍵となります。

この記事では、株式投資のリスク管理の基本について解説します。

リスクの理解

株式投資には市場リスク、企業リスク、業界リスクなど、さまざまな種類のリスクが存在します。

市場リスクは経済全体の変動に関連し、企業リスクは特定の企業の業績に起因します。

業界リスクは特定の業界の変動に影響されるリスクです。

リスクの理解と認識は、それらを管理する第一歩です。

それぞれのリスクがどのように投資に影響を与えるかを学ぶことで、より賢明な投資判断が可能になります。

分散投資の実践

リスクを管理する効果的な方法の一つが分散投資です。

これは、異なる株式、業界、地域に資金を分散することにより、リスクを軽減する戦略です。

一つの株式や業界に集中投資すると、その分野に不利な変化があった際のリスクが高まります。

分散投資により、投資ポートフォリオ全体のリスクを均等に分けることができます。

例えば、テクノロジー株と消費財株、国内株と海外株に投資することで、一部の市場が下落しても他の市場がバランスを取ることが期待できます。

▼分散投資についてもっと詳しく知りたい方はこちら
どうやって分散投資を始める?ポートフォリオと投資信託の詳細解説
【株式投資の基本】分散投資とは? メリット・デメリットを解説!

リスク許容度の設定

リスク許容度は、投資家が快適に受け入れることができるリスクの量です。

この許容度は、投資家の金融状況、投資目標、経験レベルによって異なります。

自分のリスク許容度を理解し、それに基づいて投資戦略を立てることが重要です。

例えば、リスクを取ることに抵抗がある投資家は、安定した配当を提供する大手企業の株式に投資することを選ぶかもしれません。

逆に、より高いリスクとそれに伴う高いリターンを求める投資家は、新興企業やハイリスク・ハイリターンの株式に目を向けるかもしれません。

損失への準備

株式投資では、損失は避けられない要素の一つです。

重要なのは、損失が発生した場合にどのように対応するかです。

損失を受け入れ、冷静に次のステップを考えることが大切です。

また、ストップロス注文などのツールを活用して、損失を一定の範囲内に抑える戦略もあります。これにより、想定外の大きな損失を防ぐことができます。

株式投資におけるリスク管理は、投資の成功に不可欠な要素です。

リスクを理解し、適切に管理することで、より安定した投資結果を目指しましょう。

市場と企業の研究方法

株式投資を始める際、市場や企業の研究は成功の鍵となります。

適切な研究を行うことで、リスクを把握し、潜在的な投資機会を発見することができます。

本記事では、市場と企業の効果的な研究方法について探求します。

市場の動向を理解する

市場の動向を把握することは、投資において非常に重要です。

経済ニュース、金融報告、市場の分析レポートなどを読むことで、市場のトレンドや動きを理解できます。

市場の変動は多くの要因によって影響を受けるため、政治的な出来事や経済政策、さらには国際的な事象にも目を向けることが重要です。

経済指標もまた、市場の理解に役立ちます。

GDP、失業率、インフレ率などの指標は、経済の健康状態を示し、市場の将来の動向を予測するのに役立ちます。

これらの指標が示す経済状況は、株式市場に大きな影響を与える可能性があります。

企業の分析

投資する企業の選定には、その企業の徹底した分析が不可欠です。

企業の財務諸表を分析することで、その企業の健全性や収益性を評価することができます。

利益、負債、資産、キャッシュフローなどを調べることで、企業の財政状態を深く理解できます。

企業の業績だけでなく、経営陣、事業モデル、競合他社との比較も重要です。

経営陣の質は、企業の長期的な成功に大きく影響します。

また、事業モデルがどのように収益を生み出しているか、競合と比較してどのような優位性があるかを理解することも、投資判断には不可欠です。

業界の分析

投資する企業だけでなく、その企業が属する業界全体を理解することも重要です。

業界の成長性、競争状況、規制の変化などを分析することで、その業界の将来性を評価できます。

業界の成長性を分析するには、市場規模、成長率、技術的進歩などを考慮する必要があります。

競争の激しい業界では、企業が競合に対してどのような戦略を取っているかを理解することが重要です。

また、政府の規制変更が業界に与える影響も、投資判断の重要な要素です。

株式投資では、市場全体と特定の企業、そしてその業界について徹底的に研究することが重要です。

これにより、より情報に基づいた投資判断を下すことができ、リスクを軽減し、成功の可能性を高めることができます。

株式選びのポイント

株式投資を始める際、どの株を選ぶかは非常に重要な決断です。

適切な株式選びは、投資の成功への鍵となります。

ここでは、株式選びの際に考慮すべきポイントについて詳しく解説します。

ファンダメンタルズの分析

株式を選ぶ際、まず基本となるのがファンダメンタルズ分析です。

これは、企業の財務状態や業績、業界の状況などを評価する方法です。

企業の収益性、成長の可能性、負債の水準、キャッシュフローなどを検討することが重要です。

これらの指標は、企業の健全性や将来性を判断する上で欠かせません。

企業の業績報告書、特に利益と損失計算書、バランスシート、キャッシュフロー計算書を注意深く読み解くことが必要です。

また、これらの財務データを時間をかけて追跡し、企業のパフォーマンスの傾向を分析します。

▼ファンダメンタルズ分析についてもっと詳しく知りたい方はこちら
ファンダメンタルズとは?基礎知識やテクニカル分析との違い、情報収集の方法を紹介
ファンダメンタルズとテクニカルの違いは?それぞれの分析のコツや合った取引方法などを紹介

業界と市場の分析

個々の企業のファンダメンタルズ分析だけでなく、その企業が属する業界全体の状況を理解することも重要です。

業界の成長性、競争状況、規制の動向などは、個々の企業の将来性に大きな影響を与えます。

市場全体の動向にも注意を払う必要があります。

経済状況、金融政策、政治的な変化などは、市場の動きに大きな影響を及ぼす可能性があります。

これらの要因を考慮することで、より広い視野で株式選びを行うことができます。

テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析とは異なり、テクニカル分析は株価の動きや取引量の履歴を分析します。

チャートやグラフを用いて株価のトレンド、パターン、サポートレベル、レジスタンスレベルを調べます。

これらの分析により、株式の購入や売却のタイミングを見極めることが可能になります。

テクニカル分析は、特に短期間での取引において有効ですが、中長期の投資戦略においても重要な補完的ツールとなり得ます。

▼テクニカル分析についてもっと詳しく知りたい方はこちら
株式投資における「テクニカル分析」とは? 相場の流れをつかむ分析方法を解説
【株式投資の基本】テクニカル分析とは? 基本的な分析方法を解説

リスクとリターンのバランス

株式選びでは、リスクとリターンのバランスを常に考慮することが重要です。

高リターンを追求することは魅力的ですが、それに伴うリスクもまた高くなります。

自分のリスク許容度に合わせて、適切な株式を選ぶことが重要です。

リスク許容度は、個人の財務状況、投資目的、投資期間などによって異なります。

これらを考慮して、自分に適した投資ポートフォリオを構築することが大切です。

結論

株式選びは、複雑で時間を要するプロセスですが、適切な研究と分析を行うことで、成功の可能性を高めることができます。

市場と企業を徹底的に研究し、リスクとリターンのバランスを考慮した株式選びを心がけましょう。

長期投資と短期取引の違い

株式投資を始める際、長期投資と短期取引のどちらを選ぶかは重要な決断です。

それぞれのアプローチには独自の特徴とリスクがあり、自分の投資目標やスタイルに適した方法を選ぶことが成功への鍵となります。

この記事では、長期投資と短期取引の違いについて詳しく解説します。

長期投資の特徴とメリット

長期投資は、一般的に数年から数十年にわたって株式を保有するアプローチです。

この戦略の主な目標は、時間をかけて安定した資産成長を達成することです。

  1. 安定性と成長のバランス
    長期投資は、市場の短期的な変動から影響を受けにくく、時間とともに安定した成長を期待できます。
  2. コンパウンド効果
    長期間にわたる投資は、複利の効果を最大限に活かすことができます。投資収益が再投資されることで、時間の経過と共に資産が増加します。
  3. 税金のメリット
    多くの国では、長期保有に対して税制上の優遇措置が設けられています。短期間での売買に比べて税率が低くなることが多いです。

短期取引の特徴とメリット

短期取引は、数日から数週間、数ヶ月の期間で株式を売買するアプローチです。

この戦略の主な目標は、市場の変動を利用して短期間で利益を得ることです。

  1. 高いリターンの可能性
    短期取引は、市場の変動から利益を得ることを目指すため、長期投資よりも高いリターンを狙うことができます。
  2. 柔軟性と機動性
    短期取引は、市場の動きに迅速に反応し、機会を逃さない柔軟性を持っています。
  3. 市場の変動を利用する
    株価の短期的な上昇や下落を利用して、利益を出す機会があります。

リスクと投資スタイル

長期投資と短期取引は、それぞれ異なるリスクと投資スタイルを持っています。

長期投資は、市場の短期的な変動に対して比較的耐性がありますが、時間が経過するにつれて経済環境の大きな変化に影響を受ける可能性があります。

一方、短期取引は市場の変動を利用するため、高いリターンを得る機会がありますが、それに伴う高いリスクもあります。

▼長期投資についてもっと詳しく知りたい方はこちら
【株式投資初心者向け】長期投資のメリットは? 短期投資との違いを徹底比較!
株式投資で長期保有をするメリットは? 成果を出すおすすめの先約を解説

まとめ

株式投資においては、自身の投資目標、リスク許容度、時間的なコミットメント、市場への理解度を考慮して、長期投資と短期取引のどちらか、またはその組み合わせを選択することが重要です。

投資スタイルに合ったアプローチを選び、適切なリスク管理を行うことで、株式市場での成功が期待できます。

投資初心者には「投資の達人になる投資講座」がおすすめ

ここまで記事を読んだ方の中には、

「もっと本格的に株式投資について学びたい」

「基礎からしっかり学びたい」

「給料以外で収入を増やし、人生を豊かにしたい」

といった方も多いと思います。

そのような方には、「投資の達人になる投資講座」がおすすめ。

投資の達人

投資の達人は平日でも毎日500人以上、土日は1,000人以上が申し込む人気の投資講座です。

Xで未経験者のモニター3名を募集し、「投資の達人」で学んだ内容を実践してもらったところ、3名とも1年で資金が2倍以上になるなどの結果も出ています。

「投資の達人になる投資講座」は投資初心者に必要な知識を動画で解説しており、納得するまで何度も見直すことができます。

期間限定ではありますが、無料動画の配信もあるので、気になる方はチェックしてみましょう。


投資戦略の立て方

株式投資を始める際、最も重要なステップの一つが投資戦略の立て方です。

投資戦略は、個々の投資家の目標、リスク許容度、資金量、そして市場に対する知識レベルに基づいて異なります。

この記事では、株式投資のための戦略を立てる際の基本的な考慮事項と手順を解説します。

目標の設定

成功する投資戦略の第一歩は、明確な目標の設定です。

資産を増やすことが主な目的か、それとも安定した収入を得ることが目的かによって、戦略は大きく異なります。

  1. 長期的な資産成長
    長期的な資産成長を目指す場合、成長が期待できる株式やセクターに焦点を当てる傾向があります。ここでのキーは耐性と忍耐力です。
  2. 収益の安定化
    定期的な収入を求める場合、配当を提供する安定した株式やファンドに投資することが一般的です。これは、より安定したが低リスクのアプローチです。

リスク許容度の理解

投資には常にリスクが伴います。

自分自身のリスク許容度を理解することが重要です。

年齢、収入、資産のレベルによって、リスクに対する個人の対応は異なります。

  1. リスク許容度の評価
    市場の変動にどれくらい耐えられるかを自問自答してください。夜眠れなくなるほどのリスクは避けるべきです。
  2. 分散投資
    リスクを分散させることで、一つの投資が不調でも全体のパフォーマンスに大きな影響を与えないようにします。

資金の配分

投資可能な資金には限りがあります。どのように資金を配分するかは、投資戦略に大きな影響を与えます。

  1. 資金の割り当て
    投資する金額を慎重に決定し、すべての資金を一つの銘柄に投じるのではなく、複数の銘柄に分散させるべきです。
  2. 予備資金の確保
    すべての資金を投資に回さず、緊急時に備えて一定額の現金を手元に保持することが賢明です。

情報の収集と分析

投資する前に、市場と特定の銘柄に関する情報を集め、分析することが不可欠です。

  1. 市場動向の把握
    現在の市場状況、経済の動向、政治的な変化など、市場に影響を与える要因を理解する必要があります。
  2. 企業分析
    投資を考慮している企業の財務報告、業績、成長戦略などを分析します。

継続的な学習と調整

市場は常に変化します。投資戦略もまた、継続的に見直しと調整が必要です。

  1. 市場ニュースのフォロー
    経済ニュース、業界の動向、市場予測など、常に最新の情報を追いかけることが重要です。
  2. 戦略の見直し
    定期的に投資ポートフォリオを見直し、必要に応じて調整を行います。

まとめ

株式投資を始める際には、自分の投資目標、リスク許容度、資金量を十分に理解し、適切な戦略を立てることが重要です。

市場は予測不可能な要素も多いため、柔軟性を持ちながらも、自分の戦略に忠実でいることが肝心です。

株式投資で成功するための心構え

株式投資は、単に資金を市場に投じる以上のことを意味します。

成功するためには、適切な心構えと綿密な計画が不可欠です。

この記事では、株式投資で成功するための心構えについて探求します。

長期的な視点を持つ

株式市場は短期的には変動が激しいですが、長期的には成長する傾向にあります。

このため、短期的な市場の動きに一喜一憂せず、長期的な視点を持つことが重要です。

  1. 市場の波に惑わされない
    日々の市場の変動は避けられないものです。短期的な変動に一喜一憂することなく、設定した戦略に忠実でいることが重要です。
  2. 長期的な目標を設定
    投資目標は、短期的な利益よりも長期的な資産成長に重点を置くべきです。時間を味方につけ、複利の力を活用しましょう。

リスク管理を理解する

リスク管理は投資の成功において不可欠な要素です。

リスクを完全に避けることはできませんが、管理することは可能です。

  1. 分散投資
    すべての資金を一つの銘柄やセクターに投資するのではなく、リスクを分散させることが重要です。
  2. 適切なリスクの取り方
    自分のリスク許容度を理解し、それに基づいて投資することが重要です。リスクを取りすぎると、大きな損失につながる可能性があります。

継続的な学習と適応

市場は常に変化しています。

成功する投資家は、市場の変化に適応し、常に学び続ける必要があります。

  1. 市場動向の追跡
    経済ニュース、業界の動向、政策変更など、市場に影響を及ぼす要因に注意を払うことが重要です。
  2. 知識の更新
    投資に関する書籍、オンラインコース、セミナーなどを通じて、常に最新の情報を得て学び続けましょう。

まとめ

株式投資で成功するためには、長期的な視点を持ち、リスク管理を理解し、継続的に学び適応することが重要です。

市場は予測不可能な要素を多く含んでいますが、正しい心構えと戦略を持つことで、その波を乗り越え、賢明な投資家になることができます。

株式投資に関するサービスのご紹介

株式投資ができる証券会社や勉強のために役立つサービスを厳選してご紹介です。

松井証券【投資信託】

松井証券FX 新規口座開設獲得プロモーション

投資の達人になる投資講座

ーーーーー