4時間足の見方、分析方法の解説!チャートの見方やエントリーポイントなどを紹介

本コンテンツ内で紹介するサービスには広告が含まれている場合がございます。

4時間足チャートの重要性

4時間足チャートは、日々の市場変動から一歩引いて全体像を把握するのに非常に役立つツールです。

このタイムフレームは、長期的なトレンドと短期的な動きのバランスが取れており、多くのトレーダーにとって魅力的な分析手段とされています。

ここでは、4時間足チャートの見方や分析方法、エントリーポイントの特定などについて詳しく解説します。

4時間足チャートの基本的な見方

4時間足チャートは、各ローソク足が4時間分の価格データを示しています。

このタイムフレームでよく用いられるインジケーターは、移動平均線やRSI(相対力指数)、MACD(移動平均収束拡散)などです。

これらのインジケーターを組み合わせることで、エントリーまたはエグジットのタイミングを判断する基準が明確になります。

トレンド分析とエントリーポイント

4時間足チャートを使用する最大の利点は、中期的なトレンドを明瞭に把握できることです。

トレンドラインを引くことで、上昇トレンドや下降トレンドが継続しているかどうかを確認できます。

また、サポート・レジスタンスラインを用いることで、エントリーポイントやターゲットを明確に設定できます。

▼エントリーポイントについてもっと詳しく知りたい方はこちら
エントリーポイントの決め方:利益を出すためのコツや考え方、注意点を解説!
FXにおける4時間足の活用法:エントリーポイントや注意点、負けないコツを解説

注意点とリスクヘッジ

任意のチャート分析には限界があり、4時間足でも例外ではありません。

突発的なニュースやデータによって市場が大きく動く場合、4時間足で見える情報だけでは十分なリスクヘッジが難しいこともあります。

そのため、他のタイムフレームとの組み合わせや、ストップロスの設定など、複数のリスクヘッジ手法を用いることが重要です。

4時間足チャートは、特に中期的な投資戦略において非常に有用なツールです。

しかし、それだけに依存するのではなく、多角的な分析とリスクヘッジが必要です。

以上が、4時間足チャートの効果的な使用方法についての理解を深める一助となれば幸いです。

チャートの基本:足(Candle)とは?

4時間足のチャートは、多くのトレーダーにとって分析のゴールドスタンダードとも言えるツールです。

このチャートを理解し、効果的に利用することで、短期的なノイズを避けつつ、中期的な投資戦略を立てることができます。

ここでは、4時間足チャートで特に重要な「足」または「ローソク足」について詳しく説明します。

ローソク足の基本構造

ローソク足は、特定の時間内の価格変動を視覚的に表すためのグラフィカルな要素です。

一つ一つのローソク足は、始値、高値、安値、終値の4つの主要な価格ポイントを示しています。

これらの価格ポイントを理解することは、マーケットの状態を評価する上で非常に重要です。

色と形状に注目

ローソク足は通常、赤または黒が下落を、緑または白が上昇を示します。

この色の違いは、終値が始値よりも高いか低いかに依存しています

また、ローソク足には「髭」と呼ばれる細い線があり、これがその時間足での最高値と最低値を示しています。

▼ローソク足についてもっと詳しく知りたい方はこちら
ローソク足のパターンを徹底網羅!ローソク足の基礎知識からよく使われるパターンで解説
ローソク足を極めて利益を出す方法を解説!よく使われるローソク足や分析のコツなどをご紹介

ローソク足パターンと4時間足

4時間足では、特定のローソク足パターンがよく現れることがあります。

これらのパターンには、「ハンマー」、「シューティングスター」、「ドジ」などがあります。

これらのパターンを正確に読み取ることで、エントリーやエグジットのタイミングをより正確に判断できます。

ローソク足は、単なる価格情報以上のものを提供します。

それは市場参加者の感情や緊張感を反映しており、これを理解することで市場の動きに対する深い洞察を得ることができます。

特に4時間足チャートでは、短期的な動きと長期的なトレンドの中間地点を捉えることができるので、ローソク足の解釈は非常に価値のあるスキルです

以上のポイントを押さえて、4時間足チャートのローソク足をしっかりと読み解きましょう。

FXトレードに興味がある方はこちら! 『松井証券FX』がお勧めできる理由!
・100円から取引可能
・業界最狭水準スプレッド 0.2銭
・初心者も始めやすい自動売買

4時間足と他の時間足の違い

4時間足のチャートは多くのトレーダーにとって中期的な分析に非常に役立つツールですが、他の時間足と何が違い、何が優れているのでしょうか。

ここでは、4時間足と他の時間足、例えば日足や1時間足との違いを解説します。

これにより、各時間足がもたらす利点と制約について深く理解することができます。

ノイズの低減:4時間足のメリット

4時間足の一番のメリットは、短期的な価格の「ノイズ」を削減できる点です。

1時間足や15分足では、一時的な価格変動が多く反映されてしまいます。

これにより、本当に有用なトレンドやパターンが見えにくくなる可能性があります。

トレンドの可視化:日足との比較

一方、日足は長期的なトレンドに焦点を当てた分析が可能ですが、短期的なエントリーポイントは明確でないことが多いです。

4時間足では、日足で確認できる長期的なトレンドを一定程度把握しつつ、具体的なエントリーやエグジットのポイントも明確にすることができます。

フレキシビリティ:他の時間足との組み合わせ

4時間足は他の時間足と組み合わせることで、さらに多角的な分析が可能です。

例えば、4時間足でのトレンドが確認できたら、1時間足でエントリーポイントを細かく分析するといった使い方があります。

このように、複数の時間足を使いこなすことで、より柔軟かつ精度の高いトレード戦略を立てることができます。

4時間足は中期的な投資戦略に特に有用な時間足と言えます。

短期的なノイズを排除しつつ、具体的なエントリーとエグジットポイントも議論できるこの時間足は、多くのプロのトレーダーにも利用されています。

時間足を理解し、それぞれの特性を活かすことで、より成功確率の高いトレーディングが可能になります。

以上が、4時間足と他の時間足との違いについての理解を深める一助となれば幸いです。

4時間足チャートの基本的な見方

4時間足のチャートは多くのトレーダーに愛用されていますが、その見方や分析方法は十分に理解されていますか?

ここでは、4時間足のチャートを基本から詳しく解説します。

具体的な見方やパターン、エントリーポイントの判断方法など、4時間足で成功するためのノウハウを紹介します

チャートの基本要素:足と線

4時間足チャートの一番基本的な要素は、”足”(またはローソク足)と”線”(またはトレンドライン)です

足は価格の動きを一定の時間単位で視覚的に表現します。

線はこれらの足が形作るトレンドを示し、トレーダーが未来の価格動きを予測する手がかりとなります。

トレンドとその判断方法

4時間足で特に重要なのは、中期的なトレンドをしっかりと把握することです。

トレンドは「上昇」「横ばい」「下降」の3つに大別され、それぞれのトレンドに応じたトレード戦略が必要です。

トレンドの方向性を判断する一般的な方法としては、移動平均線やトレンドラインを用いる方法があります。

エントリーポイントとエグジットポイントの選定

エントリーポイントとは、取引を開始するタイミングを指し、エグジットポイントとは、取引を終了するタイミングを指します。

4時間足のチャートを用いる場合、特定のパターンやインジケーターに基づいてこれらのポイントを決定することが多いです。

例えば、サポートラインやレジスタンスラインが破られたタイミングでエントリーするといった方法があります。

4時間足のチャートを効果的に利用するためには、基本的な要素とその見方をしっかりと理解することが必須です。

特に、トレンドの判断とエントリー・エグジットポイントの選定は、成功するトレードにおいて非常に重要な要素となります。

以上が、4時間足チャートを用いて成功するための参考になれば幸いです。

次回も、さまざまなチャートや分析方法について詳しく解説していきますので、お楽しみに。

サポートとレジスタンス

4時間足のチャートを利用する上で絶対に知っておくべき概念が「サポート」と「レジスタンス」です。

これらの概念を理解し、活用することで、より高確率なトレードが可能になります。

ここでは、サポートとレジスタンスの基本から応用まで、4時間足での具体的な活用方法について詳しく解説します。

サポートとレジスタンスとは?

サポートとレジスタンスは、価格チャート上で特定の水準に反応するポイントを指します。

サポートは下値の支持線であり、レジスタンスは上値の抵抗線です。

これらはトレーダー間で共有される心理的なラインとも言えます。

サポートとレジスタンスの見つけ方

4時間足のチャートでサポートとレジスタンスを見つける一番簡単な方法は、過去の価格が何度か反発したり抑えられたりしたレベルを探すことです。

高値や安値、閉値などからこれらのラインを引くことが一般的です。

また、水平線だけでなく斜めのラインも有用な場合があります。

サポートとレジスタンスを活用したトレード戦略

サポートやレジスタンスが破れた場合、その後の価格の動きは大きなヒントを与えてくれます。

例えば、サポートラインが破れた場合は売り、レジスタンスラインが破れた場合は買いという戦略が一般的です。

しかし、単純な破線だけでなく、その後の確認動作(リテスト)も重要です。

サポートとレジスタンスは、4時間足チャートの分析において基本中の基本です。

正確にこれらのポイントを識別し、適切にトレード戦略に活用することで、より成功確率の高いトレードが行えるようになります。

以上が、4時間足でのサポートとレジスタンスの活用方法についての理解を深める一助となれば幸いです。

この後も、更なる分析手法や応用例について詳しく解説していきますので、ご期待ください。

▼トレード戦略についてもっと詳しく知りたい方はこちら
FXチャートの解析術:効果的なトレード戦略を作るためのガイド
トレード戦略のパターン:あなたの投資スタイルに最適なものは?

トレンドの特定

4時間足のチャート分析で欠かせないのが、トレンドの特定です。

トレンドを正確に理解することで、効果的なエントリーやエグジット戦略を組むことが可能になります。

ここでは、4時間足のチャートでトレンドをどのように特定するのか、その手法を詳しく解説します。

なぜトレンド特定が重要なのか?

トレンドとは、価格が一定の方向に動く現象を指します。

トレンドの方向に沿ってトレードする(トレンドフォロー)と、より高確率で成功するチャンスが広がります

特に4時間足では、短期と長期の中間的な動きがキャッチできるため、トレンドの特定は非常に価値があります。

4時間足でのトレンドの特定方法

4時間足でトレンドを特定するにはいくつかの方法がありますが、主な手法は以下の通りです。

  1. 移動平均線: 50期間や200期間の移動平均線がよく用いられます。価格がこの線の上にあれば上昇トレンド、下にあれば下降トレンドとされます。
  2. トレンドライン: 過去の高値や安値を結ぶラインを引くことで、トレンドの方向性を確認します。
  3. テクニカルインジケーター: MACDやRSIなどのテクニカルインジケーターもトレンドの方向性を確認する手がかりになります。

以上の手法は、単独でも組み合わせても使えます。

各手法の詳細や使い方については、後の章で詳しく解説します。

トレンドに沿ったエントリーとエグジット戦略

トレンドが特定できたら、次はそのトレンドに沿ったエントリーとエグジット戦略を考えます。

上昇トレンドの場合、サポートラインや移動平均線がエントリーポイントとなり得ます。

逆に、下降トレンドの場合は、レジスタンスラインや移動平均線がエグジットポイントとなる可能性が高いです。

トレンドの特定は、4時間足チャートの分析において基本中の基本です。

この章で紹介した手法を使って、トレンドをしっかりと特定し、それに基づいた戦略を組むことが成功への鍵です。

エントリーポイントの特定

トレードにおいて最も重要な要素の一つがエントリーポイントです。

4時間足のチャートを使用する場合、エントリーポイントを選定する方法がいくつか存在します。

ここでは、4時間足でのエントリーポイントの特定方法について、詳しく解説します。

エントリーポイントとは?

エントリーポイントとは、取引を開始するタイミング、すなわち買い(ロング)または売り(ショート)をするタイミングを指します。

特定の戦略や分析に基づいて選定され、成功のためには非常に重要な要素です。

選定するには、テクニカル分析やファンダメンタル分析、時には両方を組み合わせることが一般的です。

4時間足での主なエントリーポイントの方法

4時間足でよく用いられるエントリーポイントの方法には以下のようなものがあります。

  1. サポート・レジスタンス: 前回の章でも触れたように、サポートラインやレジスタンスラインの近くはエントリーポイントとして有用です。
  2. 移動平均線のクロス: 短期の移動平均線(例:10期間)と長期の移動平均線(例:50期間)がクロスした点もエントリーのタイミングになり得ます。
  3. トレンドの反転点: テクニカルインジケーター、特にRSIやMACDを使ってトレンドが反転する可能性が高い点を特定します。

以上の手法を組み合わせることで、より確実なエントリーポイントを見つけることが可能です。

また、ストップロスの位置も同時に考慮することで、リスクを最小限に抑えられます。

エントリーポイント選定の注意点

エントリーポイントを選定する際にはいくつかの注意点があります。

  1. 確認作業: エントリーポイントを選定する前に、その点が他の時間足でもサポートやレジスタンスになっているか確認することが有用です。
  2. 情報の更新: 経済指標の発表など、新しい情報が入った場合は速やかに分析を更新し、エントリーポイントを再評価する必要があります。
  3. リスクマネジメント: 最後に、エントリーポイント選定に失敗した場合のリスクを前もって評価し、それに対する対策を立てておくことが重要です。

以上の注意点を念頭に置きながらエントリーポイントを選定することで、より成功確率の高いトレードが可能になります。

ストップロスとテイクプロフィット

エントリーポイントを決定した後に考慮すべき重要な要素がストップロスとテイクプロフィットです。

この2つの設定は、リスク管理と利益確定のために不可欠です。

ここでは、4時間足のチャートにおいて、ストップロスとテイクプロフィットを如何に設定するかについて詳しく解説します。

ストップロスとは?

ストップロス(SL)とは、投資家が予め設定した価格に達した際に、自動的に取引を閉じるオーダーです。

これにより、大きな損失を避けることができます。

例えば、4時間足のチャートでサポートラインや移動平均線を用いてエントリーポイントを決定した場合、それよりも少し下の価格にストップロスを設定すると良いでしょう。

テイクプロフィットとは?

テイクプロフィット(TP)は、逆に、予め設定した価格に達した際に取引を自動的に閉じ、利益を確定するオーダーです。

例えば、4時間足でレジスタンスラインを特定した場合、その価格または少し下の価格にテイクプロフィットを設定することが一般的です。

ストップロスとテイクプロフィットの設定方法

4時間足でストップロスとテイクプロフィットを設定するには、いくつかの方法があります。

  1. ATR(Average True Range)を用いる: ATRは市場のボラティリティを測定するための指標で、この数値を用いてストップロスやテイクプロフィットを計算することができます。
  2. 前回の高値・安値を用いる: 前回の高値や安値を参考にして、その数ティック上(または下)にストップロスやテイクプロフィットを設定する方法もあります。
  3. リスク対報酬比を考慮する: この比率は、あるトレードで得られるであろう利益に対して、許容するリスクがどれだけかを示します。通常、この比率は最低でも1:2(リスク対報酬)が推奨されます。

以上のいずれの方法も、4時間足に特有の特性を考慮に入れながら適用することが重要です。

また、複数の方法を組み合わせることで、より堅牢なストップロスとテイクプロフィットの設定が可能です。

ストップロスとテイクプロフィットの設定は、成功するための重要なステップです。

4時間足とテクニカル指標

4時間足のチャートはトレード分析において非常にポピュラーな時間枠です。特に、中長期的なトレード戦略に有用ですが、テクニカル指標とどのように組み合わせればよいのでしょうか。

ここでは、4時間足のチャートにテクニカル指標を効果的に適用する方法について詳しく解説します。

テクニカル指標の基本概念

テクニカル指標は、価格や出来高などの市場データを数学的な計算で分析し、市場の状態を把握するためのツールです。

これを使用することで、市場が上昇トレンドにあるのか、それとも下降トレンドにあるのかを判断することができます。

また、トレンドが続く可能性や反転する可能性も評価できます。

4時間足でよく使われるテクニカル指標

4時間足のチャートでよく用いられるテクニカル指標には、例えばMACD(Moving Average Convergence Divergence)、RSI(Relative Strength Index)、移動平均線などがあります。

MACDはトレンドの強さと方向性を評価するのに使います。

RSIは市場が過買または過売状態にあるかを判断する際に有用です。

移動平均線は市場の平均価格を滑らかに表示し、トレンドの方向を簡単に確認できます。

4時間足とテクニカル指標の組み合わせ方法

4時間足のチャートにテクニカル指標を組み合わせる際の一つの方法は、短期と長期の移動平均線を使用してゴールデンクロスやデッドクロスを確認することです。

また、RSIとMACDを同時に使用することで、トレンドの方向性と強さ、そして市場の過買・過売状態を同時に評価することができます。

以上が4時間足とテクニカル指標の組み合わせ方についての基本的なガイドラインです。

テクニカル指標は非常に多様であり、それぞれのトレーダーによって適用方法が異なる場合があります。

しかし、これらの基本的な方法をマスターすることで、4時間足のチャート分析がより効果的になるでしょう。

▼テクニカル指標についてもっと詳しく知りたい方はこちら
FXテクニカル指標の基本: トレードの成功への第一歩
トレーダーによく使われているテクニカル指標を徹底解説!読み方・使い方を徹底網羅

4時間足で成功するためのポイント

4時間足のチャートはトレーディングにおいて非常に有用なツールであり、多くのトレーダーがこれを活用しています。

ここでは、4時間足を効果的に活用するための主要なポイントをおさらいします。

成功への道をしっかりと歩むための指針を提供しますので、最後までお読みください。

成功のための基本戦略

4時間足は主に中期的なトレードに適しています。

短すぎず、長すぎないこの時間枠は、トレンドを確認しながらポジションを取るのに非常に有用です。

テクニカル指標を使用する際は、MACDやRSI、移動平均線などを組み合わせることで、エントリーポイントとエグジットポイントを明確にすることができます。

例えば、MACDがゼロラインを超えたら買い、下回ったら売り、といったシンプルな戦略でも十分な結果を出すことがあります。

リスク管理の重要性

どの時間足でトレードするにせよ、リスク管理は非常に重要です。

4時間足でのトレーディングでは、特にストップロスとテイクプロフィットの設定に注意を払うべきです。

ストップロスは、予想外の市場の動きに対処するための保険のようなものです。

テイクプロフィットは、目標利益に達した際にポジションを自動的に閉じる設定です。

これらをしっかりと設定することで、感情に流されずに計画通りのトレーディングが可能となります。

▼リスク管理についてもっと詳しく知りたい方はこちら
安全に稼ぐためのFXトレード術: リスク管理の基本
なぜ多くの人がFXで勝てないのか?リスク管理・利確の視点で解説

継続的な学習とアップデート

トレーディングは継続的な学習が必要なスキルです。

特に、市場環境が変わると、それまで有効だった戦略が通用しなくなることもあります。

4時間足のチャート分析も、そのような変化に柔軟に対応できるように、定期的なレビューとアップデートが必要です。

例えば、新しいテクニカル指標が登場した場合、それを組み込んで戦略を見直すことも考慮に入れましょう。

以上が、4時間足で成功するための主要なポイントです。

基本戦略の設定、リスク管理、そして継続的な学習とアップデートを意識してトレードを行えば、より確実な結果につながるでしょう。

トレードに関するサービスのご紹介【PR】

トレードができる証券会社や勉強のために役立つサービスを厳選してご紹介です。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

松井証券FX 新規口座開設獲得プロモーション

投資の達人になる投資講座

ーーーーー