「暗号資産は取引機会が多様で自分の得意分野、手法を見つけやすい」トレーダー・灯篭氏 3/3

トレーダーの灯篭氏に、暗号資産のオプション取引などについて伺いました。

灯篭氏 プロフィール

2008年に株式トレードをはじめ、2017年より暗号資産に全面的に参入。これまでに150以上のWeb3プロジェクトや企業、DAO等にて様々な活動を行い、2023年3月にはWeb3コミュニティ『Crypto Hiroba』を創設。

────────────────────

バーリ・マーケット・リサーチの公式LINEでは、ここでしか見れない「資産/収支管理シート」や「インタビューの録画」を公開しています。ぜひご登録ください。

公式LINE登録はこちら

────────────────────

取材実施日

2023年11月29日

暗号資産は取引機会が多様で自分の得意分野、手法を見つけやすい

ーー投資家やトレーダーから見た、暗号資産のマーケットの魅力について教えてください。

一つ目は市場がまだ成熟していないことで、ヘッジファンドなど大口の資金がまだ十分に流入しておらず、そのような取引水準の高いマーケット参加者との直接的な競争を避けることができることです。株式ではJPモルガンのような大口、プロが市場を動かすことがありますが、暗号資産市場ではまだ限定的です。

また、暗号資産では単に安く買って高く売る以外の様々な取引機会が存在し、それぞれのマーケット参加者が自身の得意な分野、手法を比較的見つけやすいと思います。

そのほか、ビットコインの半減期などが市場にサイクルをもたらし、マーケット全体の動向が比較的予測しやすいというのも特徴です。株式にも例えば景気サイクルはありますが、暗号資産ほどの明確なサイクルは存在せず、マーケット全体の動向を読むのは困難です。

さらに、株式では日本居住者が海外企業に投資するのは難しい場合が多いですが、暗号資産では海外発プロジェクトのトークンを売買することは容易で、それゆえに各プロジェクトに資金が集まりやすく、プロジェクトも多様性があり、取引機会も多いです。

期待値を元に取引機会を考えられる人、評価できる人にとってはアビトラやIEOも魅力的な機会です。一回のIEO参加で億り人というのはさすがに無理がありますが、1万円の資金投下で100万円のリターンを得るとか、少額の資金を中程度に増やす機会も多く存在します。

ーー灯篭さんはこれまでさまざまな機会、手法で取引されています。なぜそのように多様な機会、手法が見つけられている、取引できていると思いますか。

この領域にフルコミットし多くの時間を割いている、新たな知識、情報を得ることを苦痛と感じず、趣味に近い感覚で取り組めているということが大きいと思います。

また、多くの時間を使って、ロングやショートの動き、出来高など様々な指標を眺めつつ、マーケットに違和感を感じたらその要因を調べ、これから出現するであろう事故、市場の歪みなどを予測し、行動を計画しています。このような調査や予測、準備が取引機会の発見、実際の実行に大きく寄与していると考えています。

日々の地道な情報収集、調査がエッジ

ーー現在のエッジを維持し、新しいエッジを獲得するために取り組まれていることについて教えてください。

とにかく日々新しいプロダクトについて調査し、様々なホワイトペーパーを読んでいます。

各プロジェクトのコミュニティに積極的に参加して実際に質問を投げたり、AMAセッションで直接情報を得て、各プロジェクトのメンバーとも積極的に交流しています。特別な能力は必要なく誰にでもできることではありますが、意外と多くの人が実践していない印象です。

また、トランザクションの追跡も行っていて、著名なアドレスは大体把握しており、変化があればその都度調査をしています。特定の人物に関しては動きがある度に通知が来るよう設定もしています。

ベア相場、レンジ相場になるとより調査、情報収集する人が減る印象ですが、そのような相場こそ市場の動向をより深く理解し、将来のブル市場に備えるための戦略を練る時間に充てるべきだと思いますね。

ーー次に相場が盛り上がった際に試したい戦略や手法があれば教えてください。

最高値圏での売却、オプション取引の活用、プライベートセールなど積極的な投資機会への参加ですね。

特にオプション取引については、ブルで価格が急上昇している時に市場のクラッシュに備えて保険をかけるなど、次の相場では積極的に活用していきたいと考えています。

プットオプションはダウンサイドは損失が限定的でアップサイドでは利益に上限がなく、うまく活用できれば魅力的な取引手段になる

ーーオプション取引について、具体的にどのような取引を考えていますか。

例えば、ビットコインの価格が急上昇し過熱感が出過ぎていると判断した際に、現物を維持しつつプットオプションを購入することで価格の上昇と下落の両方に備えることが可能です。

300ドルでプットを購入したとすると300ドルがその取引での最大の損失となるため、そのまま価格が上昇しつづければ現物の値上がり益はそのまま得られるのに対して損失は300ドルで済みます。逆に、価格が下落しても現物は損失が出ますがプットで利益が出るので損失を相殺または利益を出すことが可能です。

さらに、先物取引では強制ロスカットによって意図しない損失を被ることがありますが、オプション取引には期日までの強制ロスカットが存在しないため、先物取引でヘッジをかけるよりも安全です。

両建てだと単に利益も損失も相殺されますが、プットはダウンサイドでは損失が限定的でアップサイドでは利益に上限がなく、うまく活用できれば魅力的な取引手段になると思います。

ーー現状、オプション取引は具体的にどこでどのように取引できるのでしょうか。

CoincallやDerbitなどの中央集権的な取引所のほか、Typus FinanceやBrightpool、そしてOpynのような分散型プロトコルでも取引可能です。

個人的にはステーブルコインのオプション取引に注目しており、USDTのプットオプションが市場に出れば、積極的に購入したいです。多くの場合においてUSDTはドルにペッグしており非常に安い価格でプットを大量に購入できるはずですが、デペッグした際には保険となってくれるためです。

また、オプションが充実していなければ市場に参入できない投資家も多く、この領域で整備が進むと今後は新たな資金の流入が見込まれると思います。

Crypto Hirobaにてハードウェアウォレットや秘密鍵の取り扱い方法、オプション取引の勉強会などを開催

ーー最後に、読者にメッセージをお願いします。

今年の3月に「Crypto Hiroba」というコミュニティを立ち上げました。

様々な教育コンテンツの提供やイベントの実施を行っており、ハードウェアウォレットや秘密鍵の取り扱い方法、さまざまなプロジェクトの紹介、オプション取引の勉強会などを行っています。

最近では、レジャー社による秘密鍵の紛失リスクに関する解説、月に2回のオプション取引に関する勉強会の実施、トレード大会など、さまざまな会や情報共有が活発に行われています。

ぜひお気軽にDiscordに参加いただければと思います。

Discord:https://discord.gg/cryptohiroba

そのほか、これまで業務で受けてきたトークンのデザインや上場審査、マーケティング、SNS運用、コミュニティ管理などの経験を活かし、アプリケーションの開発も進めています。

2024年でのリリースを考えており、そちらもご興味あればぜひ見ていただけると嬉しいです。

ーーーーー

灯篭氏のインタビュー、前のインタビューはこちら

────────────────────

バーリ・マーケット・リサーチの公式LINEでは、ここでしか見れない「資産/収支管理シート」や「インタビューの録画」を公開しています。ぜひご登録ください。

公式LINE登録はこちら

────────────────────

この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめです