「株は儲かったら楽しい。儲かって楽しいとどんどんのめり込む。そしたらもっと儲かる」19歳で6,000万円を運用する専業投資家 2/2

中学1年生から投資をはじめ、現在19歳で6,000万円を専業投資家として運用する関西在住のM氏。海外も含めたインデックス投資と日本国内の個別株で運用しているという。そんなM氏に投資判断の軸やIRヒアリングの具体的な方法、今後の投資家としての目標などについて話を伺った。

M氏プロフィール
自営業兼投資家の親の影響を受け、中学1年生から投資を始める。独学で勉強し1,000万円の入金の末、現在は6,000万円を運用。現在はデイトレなど短期取引は行っておらず、長期での株式投資がメイン。趣味はなく投資をやるのが一番の楽しみ。
インタビュー・編集・執筆:内田 誠也

前回のインタビューはこちら

投資判断はファンダメンタルズを中心に

ーー投資でコツを掴んだきっかけを教えてください。

中長期投資ははっきり言ってテクニカルで勝てるとは僕は思いません。勝っている人は必ずファンダメンタルズによって投資判断しています。企業の財務内容やビジネスモデル、今後の将来性を総合的に判断することが勝てるようになったきっかけになったと思っています。

ーー財務分析やビジネスモデルを分析するのはむずかしいと思いますが、どのように行っていますか。

様々な角度からバリュエーションの検討はしています。DCF法やPERなどの定量的な分析も行っています。会社の本源的価値はいくらなのか、いま現在でも割安なのか、そして今後の成長性を考えています。重要なのは同じセクターとの比較になってきます。

ーー投資で心がけていることを教えてください。

やはり需給ですね。決算がよくても需給が悪いと株価は上がっていきません。勝てるようになるために需給を見ることが本当に大切だと思います。

ーー需給はどのように分析されていますか。

信用残の積まれ方やVWAPを用いた需給の分析を行っており、信用買い残が積みあがっていれば期待が高くなっていると判断しています。あとは大量保有報告書や有価証券報告書で機関投資家の買いが入っていれば心強いと感じますね。VWAPを上回っていれば需給的に上値が軽いなと思います。

開示情報やIRヒアリングで入念に情報収集

ーー投資関連でどのように情報収集されているか教えてください。

一番は開示情報ですね。

いろいろなサイトに載ってはいますが、企業が出す決算書や決算説明資料、プレスリリースなどの開示情報にはできる限り目を通し、自分の監視する銘柄を増やせるように日々情報収集しています。twitterはもちろんのこと、株探や東証のホームページから見られる開示情報には目を通しています。

マネックス証券さんの銘柄スカウターは本当におすすめです。ほかの証券さんでは見られない機能がたくさんあり、銘柄発掘には欠かせないツールだと思っています。

ーー具体的にどのくらいの時間をかけて行われていますか。また、目を通すに当たって気をつけていることはありますか。

特に気を付けているのは数字の変化ですね。大きな変化があればその理由を深掘りすべく、決算説明資料を読んでそれでもわからなかったら IRヒアリングをします。コミュニケーションが苦手な僕でもメールで聞けたりするので安心です。

ーーIRヒアリングのコツはありますか。

聞くコツとしては、自分自身が聞きたい質問というよりは、ほかの投資家がどのような点に目を付けているのかを聞くと、実益に絡むようなお話が聞けることが多々あるのでおすすめです。

最近多い質問の種類、IRヒアリング数の増減などを聞き、この銘柄にどのくらいの注目が集まっているのかを聞いて定性的に判断します。まだ注目が集まってないと、この株式への投資は魅力的な機会なんじゃないかとプラスで判断することもあります。その場その場ですね。

ーー直近、インフレによる利上げで今後の経済の見通しも悪くなっていますが、今後のご自身の投資についてはどのようにお考えですか。

今年はキャッシュの割合を減らしたほうが良いという意見もありますが、僕は来年に向けての仕込みの期間と考え、資産の9割近くはインデックスや株式で保有しています。直近は記録的な円安であるため、ドル資産のウェイトを上げています。

株は儲かったら楽しい。儲かって楽しいとどんどんのめり込む。そしたらもっと儲かる

ーー投資家として今後の目標を教えてください。

僕は本当に低コストで生活しているので、もうこれ以上資産を増やす必要はないと思っています。でも1億円にいくまではこれまで通り頑張るんじゃないかな。 

ーー毎月どれくらいのコストで生活されているのでしょうか。

地方に住んでいるので、冷蔵庫や洗濯機など臨時支出がない限り毎月6万円以下で生活しています。

家賃は28,000円、食費は15,000円。携帯は格安SIMの利用無制限。娯楽はほとんどしません。株やっているのが一番楽しいですから。車も乗ってません。一番大きな買い物は株を買うことくらいで、服にも興味ないですし、結婚するつもりもないですからデートの費用もいりませんしね。月に一度、回転寿司に食べに行くくらいで食事も基本自炊です。

ーー投資家として成功するために重要なことはなんだと思いますか。

純粋に投資を楽しむ心ではないですかね。投資して苦痛になるくらいだったらインデックスファンドを買っていればいいだけですから。

ーー投資を楽しむために心がけていることはありますか。また、投資を楽しめていない人はどのようにすれば楽しめるようになるのでしょうか。

株は儲かったら楽しい。儲かって楽しいとどんどんのめりこむ。そしたらもっと儲かる。こんな感じで心がけは特になく、やっている中で面白さがどんどん加速している感覚です。自分は本当に株が好きなので。投資を楽しめるようになるには企業について調べていくしかないと思います。

ーー証券会社はどこを使っていますか。

楽天証券とマネックス証券ですね。楽天証券は日本の証券会社の中では手数料が安いのでメイン使いにしています。マネックス証券は個人的に松本社長が好きだから作りました。

ーーこれから投資家を目指す方にメッセージがあれば教えてください。

投資はギャンブルとよく言われますが、僕は勉強して適切に取り組めば、投資は資本市場からお金をいただく最高のお仕事だと感じています。株式投資は勉強すれば必ず稼げるようになるんだという気持ちで挑むことが何より大事だと考えています。

僕は若い人たちがたくさんお金が持てる社会になれば、晩婚化の改善ややりたいことに挑戦できる素敵な未来が来ると思うんです。しかし大学を卒業して一年目から500万円手取りでもらえるような人は少ないです。そのため若者がのびのび生活していくためには年収より資産を持つことに重点を置おいて、若いうちから株式投資を頑張っておくのが大事なんじゃないかと思っています。

────────────────────

Burry Market Researchの公式LINEでは、ここでしか見れない「資産/収支管理シート」や「インタビューの録画」を公開しています。ぜひご登録ください。

公式LINE登録はこちら

────────────────────

前回のインタビューはこちら