長期保有者がビットコインを売る日は来るのか?

前提

この記事は、ビットコイナー反省会の動画を書き起こし・要約した記事です。掲載はビットコイナー反省会様に許可をいただいております。書き起こしについて快くご許可をいただきました運営様にこの場を借りて改めてお礼申し上げます。

ビットコイナー反省会とは

ビットコインを中心に、仮想通貨、ブロックチェーン関係の専門的なトピックを黎明期から多分日本では最も深く議論しているチャンネルです。 日本国内の黎明期からビットコイン、ブロックチェーン業界の豪華ゲストを呼びつつ、楽しく、真面目に話しています。

ホスト

Koji Higashi。ビットコインのポテンシャルに魅了され、2014年からフルタイムで関連事業に取り組む。日本のビットコイン業界の草分け的存在の一人。ビットコイン、ブロックチェーン業界においてプロダクトマネジャー、コンテンツクリエイター、マーケターなど多角的に活動しており、国内外で認知されている。Twitterアカウント: https://twitter.com/Coin_and_Peace

参照動画

長期保有者はどういう気持ちで、どのタイミングでビットコインを売るのか売らないのか

いまビットコインの価格が300万円を突破したと思ったらもうそのまま400万円ですか。正直値上がりすぎてて自分も気持ち悪いくらいなんですけど、それくらい一気に行ってますと。

それもあって、ビットコイン研究所でも一緒にやってる大石さんが、ビットコインが400万円に到達した、もうゴールに到達したので引退しますっていうツイートしたんですよ。

https://twitter.com/bigstonebtc/status/1371108737516068870

これ結構面白いなと思って。自分は引退は今すぐにはしないですけど、気持ちはわかる部分あるんですね。

ビットコインが特に13年、14年とか2-3万円くらいのときから見てる人にとっては、今の状態ってもう400万円なので、金銭的にはもういわゆるゴールしてしまってるような人たちも少なからずいますし、引退しても金銭的には問題ない状態の人は他にもいると思うんですよ。

自分は投資の結果とかを考えると、こういう要因があるから、ビットコインだけガチホしておけばなんとかなんとかなるというか、それが案外一番良い投資方法だったりするという話を結構してるんですけど。

それで長期で保有してたときに、いつビットコインを売るのかっていうか、そもそも売るのか、みたいな話があるんですよ。

長期保有者はどういう気持ちで、どのタイミングでビットコインを売るのか売らないのか、売るとしたら何を買うのかっていう問題があって。

これからビットコイン買ったり、参加する人たちもいると思うんですけど、数年後にもしかしたら似たような問題を抱えてる可能性はありますよね。

1BTCが5000万円、1億円になるという主張はある

いつ売るのかっていう話、このへんは人によって個人的な話なので全然変わってくると思うんですけど。

いつ売るのかってのは多分みんなのイメージでは、ビットコインの対円とかドル建ての価格が最大になったときに売ろうと思ってる人がほとんどだと思うんですよ。

それがいくらかって話は、将来の価格はわからない部分もありますけど。金とビットコインを比較したりとか他にもいろんな見方がありますけど。

MAXで1ビットコインが5,000万円や1億とかっていうのは理論上は行く可能性があるんじゃないかって見てる人が結構いますし、一定の説得力がある部分もあると思います。

自分は毎年余興で価格予想してるんですが、ビットコイン研究所の方で書いたのは、機関投資家とかが入ってくるのも含めて考えると、今年1回1000万円くらいを突破するタイミングが来てもおかしくないんじゃないかっていう、予想を一応しています。

これ予想でね、価格予想って全然当たらないことが多いんで。ただ、それくらい上がっても全然おかしくはないっていう、そういうとこまで来てしまってるんですね。

ただし、1000万円に行ったらビットコンを売るのかって話なんですけど、自分は売らないわけですよ。

なぜBTCの長期保有者は売らないのか

何で売らないかっていうと、そもそも何でビットコインを買ってるのか、持ってるのかっていう話に直接的に繋がってて。

要は自分がビットコインを買ってるのは、fiatの仕組みが本当にイケてなくて。異次元緩和だとか言って経済を時的に浮上させるためにひたすらお金を刷りまくって配ったりとかしていて。そんなのおかしいとか、仕組みが非常に不公平で持続可能性があるとは思えない。

そういうような視点から、fiatから逃げたい、去りたいからビットコインを買ってるわけですよ。他にもいろんな価値だったり権利がデジタル化するっていう大きな流れもあったりして。

今はビットコインが強いっていうか、fiatがどんどん弱くなってる、それに気づく人が増えてきている。このままずっと法定通貨の円とかドルで持っていると、それもリスクになるからビットコイン買おうとか、そういうような感じだと思ってるんですよ。

だから法定通貨は自分は昔からこの仕組み本当に終わってるなと、不自由だし時代遅れだし。

法定通貨よりビットコインが示した新しい可能性の方がよっぽど自分にとっては意味が通ってるし、こっちの方が未来だと思ってビットコインに興味を持った感じなので。

なので自分にとってビットコインっていうのは投資として買ってるというか、fiatがどうしようもないからビットコイン買ってるっていうような側面があるんですよ。

なので逆に言うと、ビットコインいつ売るのかって話になったときに、fiatの仕組みが改善してきて、より中央銀行の金融政策だったりとか、もしくは日本とか国家の経済が改善してきて、fiat currencyの仕組みがより信頼に足るようなものになってきたときは、その時がある意味、ビットコインをfiatに変えてもいいっていうタイミングなのかもしれないと思うんですね。

ただしばらくそれが起きるような兆候は見れないですし、もしそれがしばらく起きないんだったら、あと10年でも20年でもビットコインをずっと持ってるわけですよ。

これが非常に重要で、ビットコインの長期保有者って、ビットコインを投資として必ずしも買ってるわけじゃないんですよ。

円を増やしたいからビットコインに投資をして、価格が2倍3倍になったらまた円に換えて、円を増やしたい。そういう人はもちろんたくさんいますよ、トレーダーとかで別にそれは個人のやり方とか、考え方なので全然いいと思うんですけど。

長期でビットコインを保有している人ほど、ビットコインを投資のために買ってるわけではなくて、自分の資産を守るために買っている人が多い。そこを理解してほしいというか、長期保有者のモチベーションはそういうものですよっていうのが非常に重要で。

よくいつ売るんですかと聞かれることもあるんですけど、自分は円とかfiatが駄目な限りは当然売る気はないですし、元々投資のために買ってるっていう感じではなくなってきてるっていうことですね。別に円を増やしたいわけでは自分はないので。

だからこの前放送にも出てくれて自分ネタにしてたんですけど、資産ビットコイン100%ですっていう有名な何だろうネタというか、ミームみたいのができてたじゃないですかです。

出典:【徹底解説】ブロックチェーンって何?発行上限と半減期からみえる、2021年の可能性とは

あれ半分冗談にしてたんですけど、自分的にはむしろ当たり前で、正直言うと自分もずっと前からそんな感じなわけですよ。

当時結構言ってたのが、fiatの余剰資金ができちゃうとビットコインに早く換えないとみたいな感じで、「俺はfiatを持ちすぎている」とか言ってるときがあったんですよ。

要は円で持ってても、ビットコインに対してその価値はどんどん下がっていってしまうから、円で持ってる方が危険だと。だから円100%でビットコイン危ないって言っていて、だから「私は銀行口座で円でちゃんと貯金してます」みたいな人がいると思うんですけど。

逆に円100%危ないでしょ、何やってんのっていうふうに今後言われても全く違和感がないような、そういうタイミングが近づいてきてるなって感じはしますね。

長期保有したBTCを何に使うのか

ビットコインに対する批判でよくあるんですけど、ただ持ってるだけだと、何の役にも立ってないじゃないかと。

誰かに投資してるわけでもなければ、お金を融資して増えていくわけでもないので無駄だと。そういう意見があるわけですよ。

あとは値上がりを期待して持ってる人が多いから貨幣が流通しなくなっちゃって、ビットコインは失敗してると、そういう意見もある。

それは自分も理解できる部分、大いにあります。それは一つの問題なんですけど、自分は全て円に変えるみたいなことは考えてないですけど、ある程度以上価格が上がって必要なものがあれば何か自分が欲しいものとか必要なものとか買うのはむしろいいと思いますし、そういう人これから増えると思うんですね。

例えば、家。家族が結婚して家族ができたんで家を買えますとか、車を買いますとか、そういうのは長期保有しているビットコインを切り崩して買ったりする人もいると思います。

その分ビットコインに投資した方がいいじゃないかっていう人もいるかもしれないですけど。

ずっとビットコイン使わないでずっと持ってるだけの10年間と、家族のために家買ったりビットコイン切り崩してやるのどっちが良いかって言われたら多分後者なんですよね。

だから、ビットコインを売ってまでこれは果たして買う価値があるのだろうかっていう判断をしなくちゃいけないことでもあって、その判断は結構難しいだろうなとは思います。

これから資産をどんどん増やしていく人もいると思いますけど、界隈でトレードしたりとか単純に引きこもってるだけとか、お金が増えて嬉しいって人ももちろんいますし、それは当然わかるんですけど。増えたらどうするのかって何に使うのかっていうのが、案外難しかったりして。

結構前から長期保有してる人たちは特にそういう判断をしなくちゃいけないときが実はもう既に来ているっていうのが、大石さんが引退しますって言ってた話と、結構通じるところがあるのかなと思いました。

お金が増えたじゃん何に使うのか、事業に投資をするのか、エンジェル投資みたいなしてる人もいますし、アート投資してる人もいたりしますし、自分も有効にお金使いたいなとか思うんですけど、じゃあ何をするのか。

自分の資産をビットコインに換えて円建てのビットコイン資産が上がるっていうのはもはやあんまりあんまり難しいことじゃなくなってきている。

それに気づいた人が結構増えてきているので、素直に行けばそのまま価格も上がってくみたいなことになると思うんですけど。

それをどうやっていかに有効に何かに使うかっていうのは全然また別の能力ですし、これは非常に難しいなと思います。

円が駄目だからビットコインに換えてるだけであって、駄目なものにまたビットコインを換えるということは考えてない

自分はビットコインの価格が上がって1BTCでテスラが買えるようになったら買いますって言ってたら価格が本当にそうなってきちゃったんで、テスラーからね、すごい来るんですよ、お前言ってたよね、約束を守るときは来た、みたいな。

欲しいといえば欲しいんですけど、車あると面倒くさいんで、駐車代とか。あんまいらないんだよなと思いつつ、あれはテクノロジーへの投資というか、もはやクルマというか、大きいiPhoneとか言われると、確かにちょっと興味あるなとは思うんで。

自分はある程度以上価格が上がったらテスラを買うことになりそうな気はしています。そんな感じで新しいテクノロジーに投資をしたりとかするのがいいんじゃないのかなとは思いますけどね。

それだったらそんなに損した気分には全然ならないし、いい買い物なんじゃないかなとは思います。

ただ、当面は円に換えるつもりはしばらくないですし、それは自分が考える円の問題っていうのが根本的に解決しない限り戻す必要がないわけじゃないですか。

円を増やしたいわけじゃないですし。円が駄目だからビットコインに換えてるだけなのであって、駄目なものにビットコインをまた換えるってのは自分はあんまり考えてないです。

大石さんが引退するという話をしたんでそれに関してちょっとコメントをしました。

案外同じような問題を抱えてる人もいるかもしれないですし、長期保有でいつ売るんだって話を考えてる人は、長期保有している人ほどもはや円を増やすということを考えていないっていうのをちょっと認識してほしいなと思うところはあります。

この話してますけど、ビットコインの価格が今年もずっと上がってくってのは保証されたものではないですし、ビットコイン自体の持続性の課題とかもあるので、そこはちゃんと自分で考えて行動しましょうと思います。

────────────────────

Burry Market Researchの公式LINEでは、ここでしか見れない「資産/収支管理シート」や「インタビューの録画」を公開しています。ぜひご登録ください。

公式LINE登録はこちら

────────────────────

ビットコイナー反省会のそのほか記事

そのほか暗号資産の記事